大学生におすすめなバイト11選を紹介!選び方や注意点も解説します

大学生になるとひとり暮らしをする人も多くなり、生活や遊びのためにバイトをしたい人は多いですよね。

それでは大学生がやるべきおすすめのバイトは、どのようなものがあるのでしょうか。

この記事は、以下の内容をご紹介します。

  • 大学生におすすめのバイト11選
  • 大学生がバイトを選ぶ5つのポイント
  • 大学生がバイトを選ぶときの3つの注意点

最後まで読めば、お気に入りのバイトに受かるために気をつけるポイントもご紹介しています。

ぜひ最後まで読んでください。

大学生のバイトの平均勤務時間と平均時給は?

大学生がバイトにかける平均勤務時間と、バイトでもらえる平均時給をご紹介します。

大学生バイトの平均勤務時間

大学生がバイトに費やす平均時間は、1週間で9.3時間との調査があります。(出典:文部科学省国立教育政策研究所「大学生の生活実態に関する調査研究について(概要)」7ページ

1回の勤務時間が5時間のバイトを、週に2回程度の頻度で働いていることになりますね。

1ヶ月単位で計算すると、大学生がバイトに費やす平均時間は「9.3時間×4週間」で37.2時間です。

コンビニなどの8時間勤務のバイトなら週1回働くような頻度ですね。

つまり、 ほとんどの大学生は週に1日バイトに出る程度の頻度で働いているのです。 

大学生バイトの平均時給

さくらもち
さくらもち
大学生がバイトでもらっている平均的な時給は、omochiサイトでの調査の結果から算出しています。

まず、日本学生支援機構の「令和2年度学生生活調査結果 大学昼間部(速報値)」調査によると、大学生が1年間に稼いでいる平均のバイト代が366,500円でした。

これを12ヶ月で割ると、1ヶ月に30,541円です。

1ヶ月に大学生がバイトをする平均時間が37.2時間ということから「30,541円 ÷ 37.2時間」で820円となります。

2021年12月現在では「令和3年度地域別最低賃金改定状況」のとおり、最低賃金が820円を下回っている地域はないですが、 ほとんどの大学生が最低賃金でバイトをしているということが推測できます。 

大学生におすすめのバイト11選

大学生におすすめのバイトを11選紹介します。

  1. カフェ
  2. 居酒屋
  3. 警備員
  4. アパレル
  5. スーパー
  6. コンビニ
  7. 家庭教師
  8. パチンコ屋
  9. 引越し作業員
  10. ガソリンスタンド
  11. イベントスタッフ

それぞれに特徴があり、おすすめできる人は異なります。特徴を見ながらあなたに合うバイトを探してみましょう。

それでは以下で詳しくご紹介します。

1.カフェ

平均時給:【950円〜1100円】

おしゃれな空間で働けるため、男女ともに大学生に人気のバイトです。

大学生なら一度はおしゃれなバイトをしてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

おしゃれというだけでなく、カフェバイトには以下の特徴があります。

  • 接客が得意な人に向いている
  • 早朝だけという働き方もできる
  • 男女ともに募集しており出会いがある

カフェバイトの難しいポイントとしては、覚えることが多いという点です。

レジ打ちやフード作り、ホールの仕事まで任されることもあります。

近くのカフェバイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、カフェバイトの評判を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

カフェバイトの評判って?きつい?【仕事内容】や【メリット】【デメリット】をご紹介

2.居酒屋

平均時給:【1000円〜1200円】

居酒屋バイトは夜間だけ働く場合が多く、学生が働きやすい代表的なバイトです。

仕事の種類は2種類あり「ホール」か「キッチン」のどちらかで働くことになります。

 

居酒屋バイトの特徴は以下のとおりです。

  • 月のシフトが安定しており、予定を立てやすい
  • 仕事はマニュアル化されており、覚えやすい
  • キッチンで働けば、料理の腕が上がる

深夜まで運営している居酒屋でバイトをすれば、深夜手当もつくため時給が高いです。

そのため安定して稼ぎたい大学生もよく働いています。

同世代の学生が働いていることが多く、職場の雰囲気もよく働きやすいこともメリットです。

近くの居酒屋バイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、居酒屋バイトのメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

初めての居酒屋バイト!【メリット】【時給】など気になるポイントを解説

3.警備員

平均時給:【900円〜1100円】

警備員の仕事には、長期契約・短期契約を合わせて以下の3種類があります。

  • 施設警備:長期契約。大学や美術館、商業施設に勤務
  • 交通警備:短期〜中期契約。工事現場で車や人の誘導
  • イベント警備:短期契約。お祭りやコンサートで人の誘導

それぞれ業務内容は現場や案件によって異なります。

また、イベント警備なら単発でシフトに入り高収入が狙える大学生に人気のバイトです。

警備員バイトの特徴は、以下のものがあります。

  • 仕事中に人と話すことがない
  • 日給が高くまとまったお金を稼げる
  • イベントを近くで見ながら仕事ができる

デメリットとしては、一日で長時間働くため体力的に辛い仕事がある点です。

しかし、時間と体力がある男子大学生にとってはおいしいバイトですね。

近くの警備員バイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、警備員バイトの仕事内容を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

警備員バイトは大学生におすすめ?仕事内容・給料・志望動機例を徹底解説

4.アパレル

平均時給:【900円〜1100円】

アパレルバイトはおしゃれを楽しみたい大学生に人気のバイトです。

仕事内容は主に接客やレジ打ち、品出しなどの業務があります。

アパレルバイトの特徴は以下のとおりです。

  • 髪型や服装が自由
  • 洋服が安く購入できる
  • ファッションの情報が集まる

お客さんとコミュニケーションを取ることが直接お店の売り上げに繋がるため、コミュニケーション能力と仕事で実績を上げる楽しさが学べる点もおすすめです。

また、ユニクロなどの大手の店舗で働くと、社会人になってからも使えるマナーなども研修で教えてもらえます。

近くのアパレルバイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、アパレルバイトの仕事内容やメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

大学生に人気のアパレルバイト!【仕事内容】・【メリット】など気になる特徴を徹底解説!

5.スーパー

平均時給:【1050円〜1150円】

スーパーのバイトは比較的に誰でも始めやすく、時給もそれなりに高いため大学生に人気です。

仕事内容は主に、レジ打ちと品出しの2種類あります。

スーパーのバイトの特徴は以下のとおりです。

  • 業務内容が単純で覚えやすい
  • シフトの融通がききやすい
  • 社員割が使えることもある

スーパーはどの地域にもあるため、通勤に時間をかけたくない人にもおすすめなバイトです。

大学の近くにあるスーパーなら同じ学生が働いていることも多く、友達が増えることもありますよ。

近くのスーパーのバイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、スーパーの品出しバイトの仕事内容を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【スーパー】品出しバイトはきつい?仕事内容・時給・志望動機例を解説【力仕事?】

6.コンビニ

平均時給:【950円〜1100円】

大学生がバイトを始めようと思ったときに、必ずコンビニバイトを調べますよね。

コンビニバイトの業務内容はやや多いですが、地域によっては暇な店舗もあるためおすすめです。

コンビニバイトの業務内容は、以下のものがあります。

  • レジ接客
  • 店内清掃
  • 商品の発注
  • 陳列・品出し
  • フライヤー調理

希望を出せば夜勤でも働けますし、コンビニの夜勤は来店数も少ないため楽して稼ぎたい方にもおすすめです。

また、店舗によりますが廃棄品をもらえることもあります。

生活費がカツカツな大学生からすると、消費が浮くため非常にありがたいですよね。

近くのコンビニバイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、コンビニバイトの仕事内容や時給を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

初めてのコンビニバイトは楽?きつい?気になる業務内容や時給をご紹介!

7.家庭教師

平均時給:【1500円〜2500円】

家庭教師は給料が高いため、勉強が得意な大学生にとっては稼げて学べる一石二鳥のバイトです。

生徒の成長を間近で見れるため、やりがいのある仕事がしたい方にも向いています。

家庭教師バイトの特徴は以下のとおりです。

  • 時給が高い
  • 人に教える能力がつく
  • 複数の家の掛け持ちができる
  • コミュニケーション能力が上がる

勉強を教える準備が必要な点は大変ですが、生徒の成績が上がるとこちらの仕事へのモチベーションもあがります。

家庭教師のバイトを続けることで、あなた自身も勉強の習慣もつきますよ。

近くの家庭教師バイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、家庭教師バイトの仕事内容を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

大学生に家庭教師バイトがおすすめな理由!【仕事内容】【時給】などを解説

8.パチンコ屋

平均時給:【1150円〜1300円】

パチンコ屋は、むずかしい業務は少ない割に高い給料がもらえるバイトのひとつです。

基本的にどの地域にもあるため、好きな場所を選んで働けます。

パチンコ屋の仕事内容は以下のとおりです。

  • ホール:ホールの巡回や玉の運搬・交換など
  • カフェ:お客さんにドリンクを提供する
  • カウンター:レジや景品交換などの対応
  • 清掃:ホールやトイレ、パチンコ台・スロット台の清掃

22時以降の時間帯にも働いていれば深夜料金になるため、短時間で高収入を狙えます。

ほかのバイトと比べてシフトの融通もきく場所が多く、学業とも両立しやすいバイトです。

近くのパチンコ屋バイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、パチンコ屋バイトの仕事内容を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

パチンコ屋バイトの仕事内容は?時給・メリット・デメリットをご紹介

9.引越し作業員

平均時給:【950円〜1200円】

繁忙期でも関係なく働きやすい大学生は、引越し作業員のバイトがおすすめです。

力仕事なイメージがある引越し作業員ですが、女性でも働けます。

引越し作業員の仕事は、重いものを運ぶだけではないんです。梱包や荷ほどき、軽い雑貨や家電などなら女性でも十分運べます。

また、引越バイトには以下の特徴があります。

  • 繁忙期は時給が高い
  • 力仕事が多く体力がつく
  • お客さんに喜ばれるため、やりがいがある

お客さんの新生活を応援できて、やりがいのある仕事です。

近くの引越し作業員のバイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、引越し作業員バイトの時給や仕事内容を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

初めての引越しバイトはきつい?時給は?気になるポイントをご紹介

10.ガソリンスタンド

平均時給:【850円〜1100円】

ガソリンスタンドバイトの仕事内容は、主に来た車にガソリンを入れるのが仕事です。

シーズンによっては洗車やタイヤ交換の仕事もあります。

ガソリンスタンドのバイトの特徴は以下のとおりです。

  • セルフサービスなら割と暇
  • 資格を持っていると給料が上がる
  • 色んな車がくるため、車好きは楽しい

車を持っている方なら従業員割引価格でガソリンを入れられることもあるため、車好きにはまずおすすめしたいバイトです。

近くのガソリンスタンドのバイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

また、ガソリンスタンドのバイトのメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ガソリンスタンドの仕事内容とは?時給はどれくらい?特徴を徹底解説!

11.イベントスタッフ

平均時給:【1000円〜2000円】

イベントスタッフのバイトは単発で高収入を得られるバイトして、大学生に人気です。

長期休みなどの余裕のあるタイミングで一気に働けば、まとまったお金も稼げます。

イベントスタッフの特徴は以下のとおりです。

  • 日払いや週払いが可能の仕事が多い
  • その日で覚えられる簡単な仕事しかない
  • コンサートやスポーツの試合が近くで見れる

イベントスタッフのバイトは一日からでも募集をしているため、就職が決まった大学4年生にもおすすめです。

イベントスタッフバイトを探したい場合は、<こちら>から探せます。

大学生がバイトを選ぶときの5つのポイント

大学生がバイトを選ぶときには、以下の5つのポイントを基準に選びましょう。

  1. 時給が高いか
  2. シフトの融通はきくか
  3. 仕事内容はかんたんか
  4. やりたい仕事ができるか
  5. 髪色やネイルが厳しいか

大学生のバイト選びは、勉強や部活に支障がないように選びましょう。

それでは選ぶポイントを詳しくご紹介します。

1.時給が高いか

バイトを選ぶときに多くの方が気にするポイントが「時給の良さ」です。

大学生はサークル活動や趣味、飲み会にかかる費用が多くなります。

せっかく同じ時間働くなら、少しでも多く給料がもらえた方がいいですよね。

時給が高いバイトには以下の特徴があります。

  • 深夜帯のシフトがある
  • インセンティブがある営業
  • イベントや引越しなどの体力仕事

遊ぶ時間は増やしたいけどバイトの時間は減らしたい方は、時給が高いバイトを選びましょう。

2.シフトの融通はきくか

勉強や部活で忙しい大学生は、シフトの融通がきくバイトを選ぶことがおすすめです。

シフトの希望が通らずに会社の都合で勝手に忙しくされると、テスト期間や遊びの予定が入っている日でもバイトに入らないといけません。

シフトの融通がききやすいバイトを選びたい方は、以下のバイトがおすすめです。

  • 居酒屋
  • コンビニ
  • スーパー
  • カラオケ店
  • パチンコ屋

人数が多く営業時間が長い店舗で働けば、時間や日数の調整がしやすいです。

また、あなた以外に大学生が働いていないバイト先なら、テスト期間でも気兼ねなく連休を入れられます。

3.仕事内容はかんたんか

仕事内容は誰でもできるかんたんな作業で、バイト先を選ぶのもおすすめです。

マニュアルの通りにやるだけの仕事なら、難しい仕事に自信がない人でもできます。

仕事内容がかんたんなバイトは以下のとおりです。

  • 清掃
  • 警備員
  • コールセンター
  • スーパー(品出し)
  • ネットカフェ店員
  • イベントスタッフ
  • ガソリンスタンド(セルフ)

楽なバイトにも「肉体的に楽なバイト」と「精神的に楽なバイト」の2種類があります。

あなたの得意分野に合わせて選びましょう。

4.やりたい仕事ができるか

あなたの得意分野でバイトを決めることもおすすめです。

例えば以下のように選びましょう。

  • 接客が得意:カフェ、アパレル
  • 集中力がある:事務系、レジ打ち
  • 教えるのが好き:家庭教師、塾講師
  • 体力に自信がある:警備員、引越し作業員
  • 淡々とする作業が好き:工場、スーパーの品出し

また、以下のように自分が好きなものがある場所で働くこともおすすめです。

  • 服が好き:アパレル
  • 車が好き:ガソリンスタンド
  • 本が好き:本屋、中古屋の店員
  • 楽器が好き:楽器屋、中古屋の店員

得意なことをしていれば、バイトをしている時間が辛く感じることはありません。

好きなことを活かしながらお金がもらえる最高のバイトを探しましょう。

5.髪色やネイルが厳しいか

おしゃれをしたい大学生にとって、バイト先が髪色やネイルに厳しいかは重要なポイントですよね。

店舗によっては毎日出勤時にチェックされて、基準を満たさない場合は帰されることもあります。

以下のバイトは比較的に基準がゆるいです。

  • 宅配系
  • カフェ
  • パチンコ屋
  • コンビニ(地方)
  • イベントスタッフ

バイトのたびに髪色を戻すのも大変なので、そもそも「髪色自由」で募集しているバイト先を選びましょう。

ピアスもOKというバイト先を見てみたい方は、以下の記事で確認できます。

大学生必見!ピアスOKなバイトの職種10選をご紹介!

大学生の男女別のバイトの選び方

大学生は男女ごとにもおすすめのバイトを選ぶポイントがあります。

以下では、男女別のバイトの選び方についてご紹介します。

男子大学生のバイトの選び方

男子大学生がバイトを選ぶときは、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 時給の良さ
  • 仕事は楽しそうか
  • 深夜シフトがあるか
  • 出会いがあるか

男子大学生は時間と体力があるため、給料のいいバイトで一気に稼ぎましょう。

また、男子大学生は「出会いが多そう」という基準でバイトを選ぶのもおすすめですよ。

とくに、理系の学部だと男子学生の割合が多いため、バイト先は出会いがありそうな場所を選びましょう。

男子大学生におすすめのバイトが知りたい方は、以下の記事からチェックしてください。

男子大学生におすすめのバイト8選!人気のバイトをランキングでご紹介

女子大学生のバイトの選び方

女子大学生がバイトを選ぶときは、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 時給は良いか
  • 体力仕事ではないか
  • 深夜シフトは入らなくていいか
  • 髪色や服装の自由度は高いか

おしゃれにはお金がかかるため、なるべく時給が良いバイトを探しましょう。

また、せっかく染めた髪色を戻さなくてもいいように「髪色自由」のバイトを探すのもポイントです。

女子大学生におすすめのバイトが知りたい方は、以下の記事からチェックしてください。

女子大学生におすすめのバイトとは?人気の職種8選をご紹介!

大学生がバイトを選ぶときの3つの注意点

大学生がバイトを選ぶときには、以下の3つに気をつけましょう。

  1. 業務内容は事前にチェックする
  2. バイト先の評判を聞いておく
  3. 交通費は支給されるか確認する

バイトをはじめてから気づいても遅い場合があるため、事前にチェックしましょう。

それでは以下で解説していきます。

1.業務内容は事前にチェックする

バイトの面接を受ける前に、事前に業務内容をチェックしておきましょう。

時給の良さだけでバイトを選んだけど、予想より激務ですぐにに辞めたくなる可能性があります。

辛くていますぐバイトを辞めたくなっても、すぐには辞めさせてくれないブラックバイトの可能性もあります。

バイトを選ぶときは「時給、業務内容、就業時間」のバランスを合わせて選ぶようにしましょう。

2.バイト先の評判を聞いておく

働こうと思っているバイト先の評判はなるべく集めましょう。

お客さんとして来店するときにはいい店だと思っていても、実際に働いてみると待遇が悪いことがあります。

バイトしないとわからない待遇は、以下のとおりです。

  • 店長が厳しい
  • 残業代が出ない
  • 雑用が多くてつまらない
  • シフトの融通がきかない

大学周辺のコンビニやスーパーなどは比較的に多くの大学生が働いてるため、知り合いづてで評判を聞けることが多いです。

働く前になるべく情報を仕入れましょう。

3.交通費は支給されるか確認する

バイト先が交通費が支給してくれるかを確認しましょう。

もし、自宅から遠い場所で働く場合は、高い時給であっても高い交通費を実費で払っていては稼げていないのと同じです。

自宅の近くにいいバイト先がなければ、大学周辺でバイトを探しましょう。そうすれば大学に通う交通費だけで済むからです。

しかし、交通費が支払われるからといって家から遠すぎると、家に帰ってから学校の課題をやる時間がなくなります。

「通勤時間」と「交通費」のバランスは考えてバイト先を選びましょう。

大学生がバイトの面接で気をつけるポイント3選

大学生がバイトの面接で気をつけるべきポイントは、以下の3つです。

  1. 面接対策をする
  2. 当日の服装を確認する
  3. 履歴書を準備する

あなたが働きたいバイト先を選んだら、面接で受かるための準備をしましょう。

それでは詳しくご紹介します。

1.面接対策をする

面接で聞かれそうな質問をあらかじめリストアップし、スムーズに答えられるようにしましょう。

面接では以下のことを聞かれることが多いです。

  • 志望動機
  • 通勤方法
  • 通勤時間
  • 働ける日数
  • アルバイト経験

バイトとはいえ、雇う会社からすれば一従業員です。

給料を支払う人には、責任を持って仕事をしてもらいたいと思っています。

大学生ということは関係なく、受け答えはしっかり準備しましょう。

また、長期休暇やテスト期間にどれくらい働けるかも聞かれることが多いため、あらかじめ考えておくのがベストです。

2.当日の服装を確認する

面接の対策と一緒に、面接に行くときの服装を確認しましょう。

ほとんどのバイトはスーツで行く必要はありません。しかし、ある程度の指定はあると思いますので、確認しておきましょう。

基本的には、派手な色を避けて清潔感のある服装なら大丈夫です。

また、服装の確認と合わせて髪型やネイルなどのチェックもしましょう。

3.履歴書を準備する

バイトの面接では必ず履歴書が必要です。

履歴書の内容で好印象を与えられれば、高い確率で働き始められます。

証明写真なども必要なので、しっかり事前に準備しましょう。

履歴書の書き方にはルールがあるため、これから書き始めようとしている方は、以下の記事を参考にしてください。

大学生のバイト面接!履歴書で学歴や職歴はどう書けばいい?

まとめ

この記事では、大学生におすすめなバイト11選についてご紹介しました。大学生には、以下のバイトがおすすめです。

  1. カフェ
  2. 居酒屋
  3. 警備員
  4. アパレル
  5. スーパー
  6. コンビニ
  7. 家庭教師
  8. パチンコ屋
  9. 引越し作業員
  10. ガソリンスタンド
  11. イベントスタッフ

バイトによって「時給」や「業務内容の楽さ」は違います。あなたの基準にあったバイト先を選びましょう。

また、実際に働きたいバイト先が決まったら、必ず面接対策が必要です。履歴書や質問の回答は、事前に用意しておきましょう。