ネイルOKなバイト例9選!特徴や注意点を具体的に解説!

おしゃれの1つであるネイル。しかし、勤務中はネイルNGというバイトも少なくありません。

そこで今回は、 ネイルOKなバイトをピックアップして紹介 していきます。

この記事を読むと、大好きなネイルをしながら働けるバイトを把握することができます。

ネイルにこだわりがあるという方は、ぜひバイト探しの参考にしてみてください。

この記事をざっくり言うと

✓ 完全に自由が良い方
 → コールセンター・テレアポ 
 → 軽作業
 → データ入力

✓ たまに制限があるくらいならOKという方
 → 事務

✓ お店のイメージに合わせるだけならOKという方
 → アパレル
 → 美容院・エステ・ネイルサロンの受付

✓ 短くするくらいならOKという方
 → ポスティング

✓ 短めのシンプルデザインでもOKな方
 → セルフガソリンスタンド
 → 飲食店のホール

 

ネイルOK・自由なバイトの特徴

ネイルOK・自由というバイトには2つの特徴があります。

どのような特徴があるか、以下で確認していきましょう。

接客をする必要がないバイト

『お客さんと接することがないバイト』であれば、ネイルがOKの可能性は高いです。

基本的に、接客業は清潔感のある身だしなみが大切とされています。
そのため、お客さんに不快感を与えないよう、ネイルNGとする職場がほとんど。

接客がないのであれば、お客さんへの身だしなみを意識する必要もないため、ネイルは自由な傾向にあります。

ただし、従業員としか接しない場合でも最低限の身だしなみを保つことは大切です。
伸びっぱなしでボロボロの爪にせず、ネイルをする場合も清潔感を意識するようにしましょう。

たとえば...
コールセンター、テレフォンアポインター、経理、事務、データ入力など

適度なおしゃれが求められるバイト

接客がある職種でも『従業員におしゃれさが求められるようなバイト』はネイルをOKとするところが多くなっています。

 アパレル  美容系 など、個人のおしゃれさやセンスが大切となる業界は特に当てはまるでしょう。
ネイルも身だしなみの一種とされ、お客さんや店舗の雰囲気に合わせて適度に自分らしさを出すことが求められます。

また、そういったバイトはネイルだけでなく 髪型や髪色、ピアスのようなアクセサリー類も自由であることが多い です。

『店舗やブランドのイメージに合わせる』というルールがあることもあるので、ルールを確認するようにしましょう。

たとえば...
アパレル、化粧品、デパート、美容院、エステ、ブライダルなど
さくらもち
さくらもち
飲食店は食べ物を扱うから、基本的にNGだよ〜

たまにネイルOKというお店もあるけど、派手なものはNGなことがほとんどです。
あんこもち
あんこもち

さくらもち
さくらもち
どこまで大丈夫か、面接なんかで聞いておくのが良いよ〜

ネイルOKってどのあたりまで?基準は?

具体的な基準については、店舗や店長によって異なっているのが実情で、明確に決められていないことも多いです。

一般的には「デコレーションなし」「ワンカラーのみ」ということが多く、ラメやストーンについてはNGであることがほとんど。

淡いピンクやベージュといった ヌーディーカラーのシンプルなものがおすすめ です。

求人票に書かれていなくても「ネイルOK」な場合も

求人票に「ネイルOK」と書かれていなくても、実際にはOKというお店も多いです。

これはネイルOKと記載してしまうと、どんなデザインでもOKという風に捉えられてしまいかねないため。つまり 派手すぎなければOK ということの裏返しなのです。

そのため、清潔感を出す程度のネイルはしていきたいという方は、面接などの機会にお店に聞いてみるのが良いでしょう。

ネイルOK・自由なバイトの職種例9選!

ここからは、ネイルOK・自由なバイトの職種をおすすめポイントと共にピックアップして紹介していきます。

バイトをしながらネイルも楽しみたいという方は、ぜひこれらの職種をチェックしてみてください。

コールセンター・テレアポ

時給:【1,100〜1,500円】

コールセンター・テレアポの両方とも、お客さんと電話で話すのがメインの仕事です。対面での接客はないため、ネイルOKであることがほとんどです。

コールセンターは、『カスタマーセンター』『お客様相談窓口』として、お客さんからの問い合わせに対応するのが基本の仕事。
一方、テレアポの場合は顧客リストを基にお客さんへ営業の電話をかけ、アポイントを取ることが基本。

テレアポの方が時給が高く、アポイント数に応じたインセンティブもあるため、 たくさん稼ぎたいならテレアポがおすすめ です。

なお、会話の内容をパソコンに入力しなければならないことも多く、パソコン作業に支障がない長さにすることが条件となるでしょう。

おすすめポイント

 基本的にどのようなデザインでもOK! 

 

事務

時給:【1,000〜1,400円】

オフィスにおいて、資料作成・伝票整理・電話対応などのバックオフィス業務を行う仕事です。

基本的に接客の仕事はなく、事務作業が中心であるためネイルOKとされることがほとんどでしょう。

ただし、来客対応を任される場合はお客さんの案内やお茶出しをしなければいけません。
その場合は『自然なワンカラーまで』『長さ出しはNG』などと規定されることもあります。

おすすめポイント

 来客対応がある場合は控えめにしなければならないものの、基本的にデザイン自由! 

 

軽作業

時給:【950〜1,200円】

軽作業のバイトでは、工場や倉庫において検品・仕分け・ピッキング・シール貼り・梱包といった作業を行います。

接客が一切ないため、ネイル自体は自由という職場が多いでしょう。

ただし、軽作業では作業中にネイルが傷ついてしまったり割れてしまったりする恐れもあります。
そのため、綺麗なネイルを維持したい方には向かないかもしれません。

おすすめポイント

 基本的にネイルのデザインはなんでもOK! 

 

アパレル店員

時給:【900〜1,100円】

アパレルショップにおいて接客をする仕事です。

店員におしゃれさや個性を求める店舗が多く、ルール内であればネイルOKという職場が多いでしょう。

ブランドイメージを大事にすることが求められるため、バイト先にはできるだけ自分好みのブランドを選ぶのがおすすめです。

ただし、長さがあったり大きなパーツがついていたりするようなネイルだと商品に引っ掛けてしまう可能性があるため、注意が必要です。

おすすめポイント

 店舗やブランドの雰囲気に合っていればデザイン自由! 

 

ポスティング

時給:【800〜1,000円】

ポスティングとは、チラシを住宅のポストに入れていくという仕事のこと。
徒歩や自転車で決められたエリアを回り、ポストに会社のチラシを入れていきます。

基本的に一人で行う作業であり、接客もないためネイルは自由とされる場合がほとんどでしょう。

しかし、ポスティングではチラシを素早く折り畳む必要があります。
爪の長さが長いとチラシが扱いにくいため、作業に支障が出ない程度の長さにするようにしましょう。

おすすめポイント

 長すぎなければネイルのデザインは自由! 

 

セルフガソリンスタンド

時給:【850〜1,100円】

セルフ型のガソリンスタンドでは基本的にモニターを監視し、お客さんが給油するタイミングでボタンを押します。

店員が給油するフルサービス型のガソリンスタンドと異なり、セルフガソリンスタンドでは接客の機会が少ないため、ネイルがOKとされることも多いでしょう。

ただし、オイルで汚れた容器を洗ったり、洗車作業を行ったりして爪が汚れることが多く、神経質な人にはあまり向かないかもしれません。
また、色はある程度自由であっても長さは短くするよう指定されたり、パーツはNGとされたりすることがあるため注意してください。

おすすめポイント

 短めのシンプルデザインであればあとは自由! 

 

データ入力

時給:【1,000〜1,200円】

資料や音声データなどの内容をひたすらパソコンに入力したり、入力されたデータの内容をチェックしたりする仕事です。

接客がないため、ネイルは基本的にOKとなっています。

パソコン作業に支障が出ない限りデザインも自由なことが多く、ネイルにこだわりが強いという方にはおすすめです。

おすすめポイント

 どのようなデザインのネイルでもOK! 

 

美容院・エステ・ネイルサロンの受付

時給:【950〜1,100円】

美容院やエステ、ネイルサロンは比較的女性客の割合が多く、接客業でありながらネイルへのルールが緩い場合がほとんどです。

お金を扱うことも多いため、長さのあるネイルはNGですが、店舗の雰囲気に合っていればネイルを楽しめるでしょう。

おすすめポイント

 長すぎず、店舗の雰囲気に合ってさえいればデザイン自由! 

 

飲食店のホール

時給:【950〜1,200円】

飲食店というと清潔感が求められる仕事ですが、ホールの場合はシンプルなネイルを許容する店舗も増えてきています。

主におしゃれなカフェや学生が多めな居酒屋の場合、ネイルOKであることが多いでしょう。

ただし、他の職種と比べると『長さは短め』『ワンカラーのみ』など指定されていることが多いので、そこだけ注意してください。

おすすめポイント

 派手すぎないワンカラーで短めならOK! 

 

ネイルOK・自由なバイトの注意点

最後に、ネイルがOK・自由というバイトでも注意しなければならないポイントを2点紹介します。

これらができていないと、求人票にネイルOKと書かれていたとしても不採用となってしまうかもしれません。

スカルプで極端に長いネイルはNG

スカルプ(長さ出し)で、極端に爪が長くなっているネイルは避けるようにしましょう。

いくらネイルOKというバイトでも、爪の長さが長すぎると作業に支障が出てしまいます。

物を問題なく扱えるよう、ネイルOKのバイトでも程々の長さで留めるようにしてください。

面接時に派手なネイルは避ける

いくらネイルOKというバイトでも、最初の面接でいきなり派手なネイルをしていくのはNGです。

最初に派手なネイルをしていくと、面接官の悪印象につながりかねません。

また、『ネイルOK』という記載があったとしても店舗によって許容範囲は異なります。
『スカルプで長さ出しをするのはNG』『ワンカラーのみ』『パーツありのネイルはNG』など制限がある場合も。

そのため、最初の面接はネイルオフの状態か、長さ控えめのワンカラーで行くのが無難でしょう。

まとめ

今回の記事では、ネイルOK・自由というバイトの職種を紹介してきました。

バイトでもネイルを楽しみたいという方は、今回紹介した職種を中心に探してみるのがおすすめです。

自分らしいネイルで、モチベーションを上げながらバイトも頑張りましょう。