主婦が再就職を成功させるための4つのポイントを紹介!40代・50代でも安心

さくらもち
さくらもち
育児が一段落したから、そろそろ再就職したいな
あんこもち
あんこもち
家計が厳しくなってきたから、私も働かないと…!
 家事・育児に余裕ができてきて時間が作れる ようになってくると「余った時間がもったいないから働きたいな」と思うことはありませんか?

しかし、社会人としてのブランクが長期間あると「働きたいけど、就職できるのかな」と不安になる人が多いです。

この記事では、時間が空いて再就職したい主婦の方向けに、以下の内容でご紹介します。

この記事をざっくり言うと

✓ 主婦でも再就職できる3つの理由

✓ 主婦が再就職を成功させる5つのポイント

✓ 主婦が再就職で選ぶのにおすすめの職種3選

さくらもち
さくらもち
再就職に不安を抱えている主婦の方は、ぜひ最後まで読んでください。

再就職したい主婦が不安に思う3つのこと

いざ「再就職したい」と思っても、仕事に対して以下の不安を感じている主婦の方が多いです。

  1. 家事・育児と両立できるのか
  2. 仕事にブランクがありすぎる
  3. 社員とのコミュニケーションを取れるか

まずは「何に不安を感じているか」を明確にしましょう。

それでは以下で詳しくご紹介します。

1.家事・育児と両立できるのか

家事と仕事を両立できるか不安に感じますよね。

実際、今まで専業主婦としてこなしてきたことを仕事の片手間にこなせるか不安のはずです。

例えば、家事の空き時間が8時間あってその時間を仕事にあてたとしても、 仕事終わりの疲れが残りますよね。 

疲れて帰ってきてから、今までと同じように家事をこなすことは難しいです。

通勤時間が長かったり残業があったりすると、さらに疲れは溜まり、家事をしている余裕はなくなります。

2.仕事にブランクがありすぎる

仕事にブランクがありすぎて自分が働いているイメージが湧かないと「自分にはどんな仕事ならできるだろう」と不安になりますよね。

10年以上前働いていたという40代50代の方だと、とくに不安が大きいはずです。

働くイメージができないと不安になりますし、 その不安は転職活動時に面接でも相手に伝わってしまいます。 

これまで主婦しかやってこなかった人なら「自分のスキルが追いつかなくて会社に迷惑をかけてしまいそう…」と不安になります。

3.社員とのコミュニケーションを取れるか

主婦歴が長くなるほど、入社した後の社員同士のコミュニケーションに不安を感じる人は多いです。

40代50代になってから新しい職場に就職すると、自分より歳下の上司に囲まれて仕事をすることになります。

あなた自身「周りは気を使っていないだろうか」と気になりますし、その態度が出てしまうかもしれません。

また、 主婦の方のほとんどが家族とのコミュニケーションしか取らない ため、いきなり多くの人と接することに対して不安を感じる人もいます。

「再就職はしたけど周りに馴染めるか不安」という問題は、再就職に踏み出せいないひとつの理由です。

主婦でも再就職は難しくない3つの理由

主婦歴が長い人ほど再就職に不安を抱える人が多いですが、再就職は難しくありません。

主婦でも再就職できる理由は、以下の3つです。

  1. そもそも求人は増えている
  2. 家事・育児が活かせる仕事も多い
  3. 「短時間勤務OK」の仕事も増えている

それではその理由を以下で解説してきます。

1.そもそも求人は増えている

2015年あたりから日本の求人は増加傾向にあるため、就職自体がしやすくなってきています(2021年11月現在)。

厚生労働省の「中途採用に係る現状等について」によると、企業が中途採用として採用した社員の割合は、社員全体の65.3%です(2017年度の調査)。

また「しゅふJOB」の求人情報をみると、主婦向けの求人は2021年11月現在で87,817件あります。

上記の調査のとおり、 中途採用する企業や主婦でも働ける求人は増加傾向にある ため、主婦でも再就職を目指せます。

2.家事・育児が活かせる仕事も多い

社会人経験の少なさから、スキルのない自分にできる仕事があるのか不安な方もいますよね。

しかし、主婦が積んできた実戦経験である「家事・育児」が活かせる仕事も多いです。

家事・育児が活かせる仕事には、以下のものがあります。

  • 介護職
  • 清掃系
  • 家事代行
 企業は中途採用する際に「即戦力になるか」をみています が、主婦の方なら上記の仕事で即戦力になれます。

働く職種を選べば自分が持っているスキルをアピールできますよ。

3.「短時間勤務OK」の仕事も増えている

実際に再就職できるとなっても、フルタイムで働くと「家事をする時間がなくなるのではないか」と不安になる方もいますよね。

最近では「時短勤務」などの仕事が増えているため、主婦をやりながらでも仕事を続けられます。

主婦でも働きやすい求人の条件は、以下のとおりです。

  • 週3日〜4日出勤
  • 10時〜16時勤務
 職種にこだわり過ぎなければ 、上記のような好条件の仕事は探しやすいです。あなたのスキマ時間に合わせた仕事は見つけられます。

主婦が再就職を成功させるための4つのポイント

主婦の方は、以下の4つのポイントに気をつけると再就職しやすいです。

  1. 再就職したい理由を明確にする
  2. ブランク中の経験をアピールする
  3. 雇用形態にこだわりすぎない
  4. 家事・育児経験を活かせる仕事に就く

何も考えずに再就職しようとすると難しいです。ポイントを押さえて簡単に就職できる方法を知りましょう。

それでは詳しく解説していきます。

1.再就職したい理由を明確にする

主婦が再就職したい場合でも「なぜ再就職したいのか」を明確にしましょう。

面接のときに必ず聞かれる項目です。

「主婦なんだし、そんなにしっかり対策しないといけないの?」と思うかも知れませんが、 企業も適当に仕事をする人に給料を払いたくありません。 

企業が人を採用する際に見るべきポイントは「この会社でしっかり働いてくれるか」という点です。

再就職したい理由が「家計が厳しいから」などの個人的な理由でも、きちんと働いてくれる誠実さが伝われば大丈夫です。

あなたがなぜ再就職しようと思ったかを、面接や履歴書でしっかり伝えられるようにしておきましょう。

2.ブランク中の経験をアピールする

家事・育児に専念してきた期間で積み上げた経験は、うまくアピールすることが重要です。

例えば、アピールする方法は以下のとおりです。

  • 家計簿の管理を20年してきたので、数字に強いです
  • 家事が得意で、掃除をすることは苦ではありません
  • スキマ時間で資格の取得ができるほど勉強が好きです

長年主婦を続けてきているとはいえ、 何もしていなかったわけではいないはずです。 

自己分析をして「自分はなにをしてきたか」スキルや経験の棚卸しをしましょう。

必ずアピールできるポイントがあるはずです。

3.雇用形態にこだわりすぎない

ブランクがあるということを割り切って、始めは雇用形態にこだわらずに働くという方法もあります。

そもそも「ブランクがある主婦の方をいきなり正社員として採用しない」という会社もあるからです。

まずはパートや契約社員として働けば、 その会社で働いたことが職歴となるため社会的な信用も獲得できます。 

少し働いた経験を積めれば感覚も取り戻せるため、自分も「働けそう」と自信がついてきます。

まずはどんな形式でもいいので、少し働いてみるということも重要です。

4.家事・育児経験を活かせる仕事に就く

主婦が再就職をするということは、中途採用での求人を探すことになります。

 中途採用の求人は「即戦力」を求められることが多い ため、家事・育児の経験を活かせる仕事を探すのもおすすめです。

家事・育児が活かせる仕事は以下のものがあります。

  • 介護職
  • 清掃系
  • 家事代行
  • ベビーシッター
  • 食堂・給食の調理

家事・育児を数十年経験しているという人は多くないため、現場ではスキルが重宝されます。

主婦が再就職するためには資格は必要?

再就職を考えている場合は、企業から「即戦力になるか」という点を見られていることを理解しましょう。

そのため、戦力になることを証明するためには資格を持っていることは重要です。

主婦が再就職するときに役立つ資格は、以下のとおりです。

  • 簿記検定3級:事務職・経理に役立つ
  • MOS    :事務職に役立つ
  • 介護資格   :介護職に役立つ

再就職を考え始めた時点で、スキマ時間を利用して資格の勉強をすることはおすすめです。

主婦が取るべきおすすめの資格が知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

主婦におすすめの資格は?独学で取得できるもの・稼げるものを紹介

主婦が再就職で選ぶのにおすすめの職種3選

主婦が再就職したいと考えたときに、主婦のスキルを活かしやすいおすすめの職種3つをご紹介します。

  1. 清掃系
  2. 介護系
  3. 事務系

自分の強みが活かせる職種で働くと、スキルを発揮できて職場からも求められる存在にもなれます。

それでは詳しくご紹介します。

1.清掃系

長年家事をこなしてきた主婦の方には、お掃除系の仕事はおすすめです。

本来面倒で誰もやりたがらない清掃ですが、 清掃が習慣になっている主婦の方からすると「これでお金をもらっていいの?」 と思うようなことが仕事になるでしょう。

清掃系の職場は以下のとおりです。

  • ホテル清掃
  • ビル清掃員
  • 列車清掃員
  • 家事代行スタッフ

中でも家事代行のスタッフとして働けば、普段自分の家でおこなっている掃除と同じ感覚で働けます。

また、家事代行は1日の拘束時間が短く、残業がほとんどないことも主婦にとってはありがたいですよね。

掃除系の仕事は時間がきっちり決まっているため、主婦の方におすすめの仕事です。

2.介護系

介護系の職場は常に人手が足りず、今後も需要が高まる仕事です。

主婦の方は家事の経験を活かして介護職でも活躍できます。

介護職の仕事内容には、体に触れて介護をおこなう「身体介護」などの資格が必要な作業もありますが、基本的には無資格でも働けます。

むしろ、 介護施設では利用者の食事や洗濯の手伝いをする作業もある ため、家事が慣れている主婦の方なら簡単な仕事と感じる人も多いです。

介護職は経験を積んだり資格を取得したりすると、40代からでもキャリアアップできる仕事です。

あなたの地域の介護系の仕事を見てみたいという方は、以下のリンクから探せます。

介護の仕事に興味がある方は、以下の記事から詳細を確認できます。

介護職の仕事内容を11種類の職場ごとに紹介!特徴を知ってから働こう

3.事務系

事務系の仕事なら、事務職が未経験の主婦の方にもおすすめです。

仕事内容は、書類・データの整理や伝票の処理、書類作成などが多いです。

事務仕事は体力を使う作業ではないため、 疲れを持ち越して主婦業に支障をきたす心配もありません。 

ほかにも、事務職のメリットは以下のものがあります。

  • パソコンがある程度使えれば仕事についていける
  • 子どもが早退や欠勤など、何かあったときに休みやすい

イレギュラーにも対応しやすい事務系の仕事は主婦の方にもおすすめです。

まとめ

この記事では、主婦が再就職を成功させる方法をご紹介しました。

社会人経験にブランクがある主婦の方でも、気をつけるポイントがわかっていれば再就職はできます。

再就職したい目的が「社会復帰」や「家計を楽にしたい」なら、雇用形態を選ばずに働いてみるのもおすすめです。

また、主婦の経験が活かせる仕事を選べば、ブランクはむしろプラスに働くでしょう。