【面接対策】バイトの面接でよく聞かれる質問や聞くべきことを解説!受かるためのコツも

アルバイトに応募した後、待ち受ける面接。
面接が苦手だという方は多く、初めてのアルバイトの場合、面接自体やったことがないという方も中にはいらっしゃるでしょう。
しっかりと面接のコツを押さえることで、その不安を和らげることができます。
この記事では、バイト面接に合格するために、面接でよく聞かれることや、うまく話すためのポイントを紹介しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

この記事をざっくり言うと
面接でうまく話すには

✓ 結論ファーストで話す!一言は短めに!

✓ 声のトーンや大きさを意識する!

✓ 相手の話を聞くときは適度にうなずく!

 

 

 

面接当日の流れ

「面接当日の流れ」タイトル画像

まずは、面接当日の流れを把握しましょう。

  1. 面接場所には5分前に向かう
  2. その場にいるスタッフの方に、アルバイト面接に来た旨を伝える
  3. 別室に案内してもらう
  4. 面接担当者が来るのを待つ
  5. 面接をする
  6. 退室する

 

ポイントとして、『5分前に面接場所へ到着する』ということを意識しましょう。
もちろん遅刻は論外ですが、早すぎても先方の準備が整っていない場合があるため、失礼にあたります
早すぎず、遅すぎないタイミングが面接の5分前となるのです。

また、当たり前のことですが、応募先でスタッフの方とすれ違ったときは挨拶することを心がけましょう。
自分から気持ちよく挨拶することで、応募先からの印象が良くなるだけではなく、不思議と緊張が解けやすくなります。

面接に遅刻しそうになったときの対応

当日になって交通機関が遅延していたり、場所に迷ったりと、遅刻しそうになることも考えられます。
 万が一遅刻しそうなときは、面接時間の前に必ず電話するようにしましょう。 
急いで移動するあまり、連絡をしないでいると、面接時間に間に合わなかった場合は相手に迷惑をかけてしまいます。
遅刻しそうになっている、という状況を事前に伝えることが大切です。

もし寝坊で面接時間をすぎてしまった場合も、すぐに電話し、今後の対応を仰ぐようにしましょう。

面接で聞かれることって?

「面接では何を聞かれる?」タイトル画像

ここからは、面接で聞かれることが多い内容について、答え方のポイントも交えながら紹介していきます。

アルバイトの志望動機・応募理由

アルバイトの面接でまず聞かれるのが、志望動機です。
なぜこのアルバイトに応募したか、その理由を採用担当者は重視しています。なぜなら、志望動機が定まっていないと、本当にアルバイトを続けてもらえるかが怪しいからです。
自分がアルバイトをする理由と、そのアルバイト先を選んだ理由を簡潔に伝えることが大切です。

もし履歴書を提出する場合や、事前に応募フォームに志望動機を記入していた場合、その内容から逸れることがないようにしましょう。

自己PR(長所・短所)

「あなたの長所はなんですか?」と、自分の長所を聞かれることは多いです。
過去の経験やエピソードを具体的に持ち出しつつ、業務に役立ちそうなことと絡めて言えるとより良いでしょう。
例えば、飲食店のホールスタッフの場合、「私の長所は、積極的に誰とでもコミュニケーションを取れることです。高校の部活動でも、後輩や先輩関係なく色んな人に話しかけて、部活動の雰囲気が明るくなるように努めていました。ホールスタッフとして働くときも、明るい接客でお客様が素敵な時間を過ごせるよう、お役に立てるかと思います。」と、実際に働く場面を想像して言うことで、採用担当者もあなたと働くイメージが湧きやすくなります。

また、短所を聞かれることもあります。そのときは「〜という短所がありますが、アルバイトをする中で〜という風に改善していきたいと思っています。」と前向きな締め方ができれば、よりプラスにつなげられるでしょう。

過去のアルバイト経験・辞めた理由

過去に別のアルバイトをしていた場合、その内容について聞かれることはよくあります。
過去の業務内容や過去のバイトで身についたことが、応募先の業務に役立つことがあればアピールすると良いでしょう。例えば、カフェから居酒屋、のような似た業種同士の場合、応募先の業務でも生かせるポイントが多いはずです。
中にはファミレスから一般事務など、全く違う業種に移ることもあるかもしれません。その場合も、『報連相を徹底していた』『業務の中で、改善できそうなフローがあれば社員の方に提案していた』など、どの業種でも生かせるようなポイントをアピールするのも一つの手です。

また、前のバイトを辞めた理由を聞かれる場合もあります。
素直に答えるのがベストですが、「飽きた」「つまらなかった」などネガティブな理由は言わず、「条件が合わなくなったため」のような、角が立たない言い方にしましょう。

シフトの希望・勤務開始時期

 面接の中で、シフトに週何日、何時間入れるかという点を確認されることは多いです。 
そのため、採用された場合にどれくらいシフトに入ることができるか、事前に考えておくようにしましょう。

また、採用となった場合を考えて、いつからシフトに入れるかも聞かれやすいです。このことも併せて確認しておくと、いざ聞かれたときでも慌てずに済みます。

通勤手段・通勤時間

通勤手段や通勤時間も、よく聞かれる内容です。
もし通勤時間が長時間となる場合、続けにくいのではと判断されてしまい、他の条件が合っても落とされる可能性があります。
自宅からの距離があったとしても、学校から近いといった理由を伝えられれば、採用担当者も納得できるでしょう。

また飲食店の場合、終電ギリギリまで働くことも多く、「夜は何時まで働けるのか」ということも聞かれることがあります。
そのため、終電を事前に確認しておくと、聞かれたときも安心でしょう。

面接で確認しておきたいこと

「面接で確認すべきこと」タイトル画像

ここまで、面接で聞かれることが多い内容について紹介してきました。
反対に、ここからは面接で採用担当者に確認しておきたいポイントについて、紹介していきます。

仕事内容

仕事内容について、求人情報やホームページからもある程度は掴めますが、面接の場で改めて聞いておくとよいでしょう。
ホームページで確認しているということも伝えた上で、具体的な業務について教えてもらうことで、より働くときのイメージがしやすくなり、ミスマッチを防げます。
また、仕事内容について深掘りすることで、「実際に働こうという意志があるんだな」と、採用担当者に印象付けることができます。

試用期間の有無・給料

試用期間とは、アルバイトにおける見習い期間のことを指します。
一般的には1ヶ月〜半年ほどで、 研修中という扱いになるため、通常よりも時給が安い場合が多い です。
試用期間があるか、ある場合は時給はどうなるかなどを事前に確認しておきましょう。

交通費の有無・条件

募集要項の中に交通費についての記載がなかった場合、交通費についても確認しておく必要があります。
交通費が出るのか、出る場合は上限はあるかなど聞いておきましょう。
このとき、実際にいくらかかるのか聞かれることもあるため、事前に自宅からの交通費を調べておくとスマートです

面接の合否が出るまでの期間や連絡方法

 合否が何日程度で出してもらえるか、事前に確認しておくことは大切です。 
また、合否の連絡が電話かメールか、というポイントも聞いておきたいところです。もし電話に出られない時間帯がある場合、事前に伝えておくと良いでしょう。

当サイト「omochi」では、あなたの性格に合わせておすすめのバイトを紹介しています。「自分がどんなバイトに向いているのか気になる!」という人は、ぜひ診断を受けてみてください!

面接でうまく話すコツ

「面接でうまく話すコツ」タイトル画像

最後に、面接でうまく話すためのコツについて、いくつか紹介します。

結論ファースト!一言を長くしすぎない

『結論ファースト』というのは、その名の通り、話の最初に結論を持ってくることです。
面接において、この結論ファーストが大切になってきます。
何かを質問された場合、まず一文目で質問に対する答えを述べた上でエピソードや理由などを話すと、話がまとまりやすくなります。
話の始めからいきなりエピソードを話したとしても、話がまとまりにくく、「結局何が言いたいんだろう」と思われてしまいます。
結論を最初に持っていくことで、話の内容をコンパクトに伝えやすくなります。

声の大きさとトーンを意識

 挨拶をするときや面接で話すとき、声の大きさとトーンの明るさは意識するようにしましょう。 
まず、声の大きさは相手に伝わる声量で話すのが基本的です。声が小さいと、「この人、大丈夫かな」と、相手を不安にさせてしまいます。
また、声のトーンはできるだけ明るくしましょう。声が暗いとやる気がなかったり、コミュニケーションが苦手だったりするのでは、と思われてしまいます。

相手の話を聞くときは適宜うなずく

面接の中では、採用担当者の話を聞く場面も多くあります。
そのとき、相手の話をうなずきながら聞くことで、しっかり話を聞いていると印象付けることができます。

▽バイト面接で重要な履歴書に関する記事はこちら

緊張しすぎずリラックスして臨もう

今回の記事では、アルバイトにおける面接について、流れやポイントなどを説明してきました。
緊張していると無意識のうちに表情も固くなってしまい、結果的に面接がうまくいかないというパターンはよくあります。
面接における重要なポイントを押さえ、気持ちを落ち着かせて面接に臨むようにしましょう。