ロジカルシンキングは3つの方法で仕事に活かす!鍛え方や注意点を解説

さくらもち
さくらもち

今日はロジカルシンキングと仕事について紹介するよ。

ロジカルな思考ってどうしたら身につくの?ロジカルシンキングの仕事においての使い方を知りたい!

あんこもち
あんこもち

ロジカルシンキングは仕事でもメリットが多く、鍛えてうまく活用することがおすすめだよ。

さくらもち
さくらもち

ロジカルシンキングは論理的思考とも呼ばれ、仕事においてメリットも多く、トレーニングでスキルの向上が期待できます。

一方ロジカルシンキングという思考法は知っていても、考え方や仕事での生かし方などのイメージを掴みにくいことから実践しにくさがあるもの。

今回はロジカルシンキングの基本的知識から仕事で活用するメリット、思考の鍛え方、使う際の注意点についてご紹介します。

ロジカルシンキングの本質を正しく理解し活用することで、さらなる仕事の効率化やクオリティアップを目指していきましょう!

この記事をざっくり言うと

✓ロジカルシンキングとは物事に具体性を与える力

✓相手の立場に立つロジカルシンキングは仕事でメリットが多い

✓ロジカルシンキングはトレーニングが可能 

ロジカルシンキング(論理的思考)とは?

ロジカルシンキングとは論理的思考とも呼ばれ、抽象的な物事に具体性を与え筋道を明確にして伝える力を指します。

共通の考え方の型を作ることで物事に対する理解力を高め、相手との矛盾点や思考のズレを抑えるのです。

1つの物事に対しての考え方や理解度は人通りの数だけありますが、客観的な考え方があればお互いの考えの理解度は高まります。

理解度の向上に欠かせないロジカルシンキングでは、筋道や仮説を立てて物事を展開します。

物事の展開においては、客観性や相手からの視点を意識することが重要です。

ロジカルシンキングで体感的に物事を捉えると、仕事や私生活でもさまざまな効果が期待できます。

あんこもち
あんこもち

ロジカルシンキングを活用した会話は、ロジカルコミュニケーションと呼ばれるよ。

ロジカルシンキングが仕事で必要な理由

考え方の異なる人同士が一緒に働く仕事で、業務を円滑に進めるロジカルシンキングは重要な存在です。

たとえば困難な業務であっても、ロジカルシンキングで意思疎通を行うことで、仕事を円滑に進める効果が期待できます。

また自分の意見を客観的に整理し言語化すると、相手に自分の考えをスムーズに伝え、相手の意見も理解しやすくなります。

このように、ロジカルシンキングは仕事において良好な人間関係や円滑なビジネスを展開する重要な思考法です。

あんこもち
あんこもち

ロジカルシンキングで社内での業務をスムーズにして、円滑なビジネスになること間違いなし!

ロジカルシンキングの仕事におけるメリット

ロジカルシンキングで論理的に物事を考えると、仕事において多くの効果やメリットが期待できます。

  • 仕事の質の向上
  • 説得力や分析力を高める
  • 信頼関係の構築
  • 問題解決能力を高める

さまざまな人と関わる仕事では、物事を理解するために仮説や筋道を立てるとメリットも多く実感できるのです。

仕事の質の向上

ロジカルシンキングで必要な部分と不必要な部分を把握し無駄を省き仕事の質の向上が期待できます。

業務において筋道を立てて論理的に考えていくため、感覚ではなく体感的に物事の取捨選択が可能になるのです。

そもそもロジカルシンキングでは、相手からの視点や客観性を意識するため相手の立場に立ち物事を判断する力が不可欠。

他者の考えや抱えている問題に柔軟に対応し、よりよい物を積極的に取り入れる姿勢は、仕事でのクオリティアップに効果的です。

ロジカルシンキングで柔軟に新たな物事や他者の抱えている問題を論理的に理解し、仕事の質の向上が可能です。

さくらもち
さくらもち

周りの意見や新しい物事を取り入れる流れは、仕事の質の向上に最適だね!

説得力や分析力を高める

ロジカルシンキングを意識すると事実や原因、結果、根拠を分けられるようになり、説得力や分析力の向上が期待できます。

相手が共感を得る流れに近づけるため、1つの物事を深堀して自身の分析力や理解する説得力は高まるとされるのです。

グループに分けた物事の関係性や因果関係を分析すると、原因と結果が明確になるため説得力も増すことにつながります。

客観的な論理的思考を身につけることで仕事においても説得力や分析力の向上が期待できます。

1つの事例をグループ分けしていくと、単体で見れるようになり思考を解いてくれるから、思考の整理におすすめだよ。

あんこもち
あんこもち

問題解決能力を高める

表面だけでなく内側に潜む部分を仮説立て、推測する力を養うため、仕事においては問題解決能力の向上が期待できます。

問題解決能力とは物事に矛盾が生じた時に仮説立てて物事を考えて分析することで、問題解決策を導き出す力のこと。

相手が物事を理解できるようにするため、説得力や分析力が向上する流れで、問題解決能力が向上するとされています。

問題解決能力が高まると、仕事では判断の正確度を高め、正しい業務を効率よく行う効果が期待できます。

ロジカルシンキングは、仕事においても問題解決能力を高め仕事の効率化や正確さの向上が可能です。

信頼関係の構築

相手が理解できるように筋道を立てて物事を分析し相手に伝え、円滑な対人関係を円滑にし、仕事での信頼関係の構築が可能です。

業務において、以下の理由で人間関係を良好に保つ効果も期待できます。

  • 相手が理解する話し方を心がけるため
  • 説得力や分析力が高まり仕事で功績を残すため
  • 仕事の質が高まり安心して業務を任せられる
  • 相手の立場に立って物事を深堀するため
  • 相手の意見を取り入れるため

このように仕事の円滑化や質の向上はもちろん、答えを導き出す能力で信頼を得やすくなります。

ロジカルシンキングでは業務や物事をスムーズに進めて人間関係を円滑にし、仕事では信頼関係の構築が可能です。

ロジカルシンキングはコミュニケーションの活発化にも最適だね!

さくらもち
さくらもち

ロジカルシンキングを仕事に活かす方法やポイント

ロジカルシンキングは以下の3点を意識すると、仕事に活かしやすくなります。

  • 結論ファーストで話す
  • クッション言葉の使用
  • ナンバリングの徹底

3点の活用でロジカルシンキングの更なる向上が期待でき会議や接待、連絡の際にも有効です。

ビジネスマナーとして仕事のしやすさを向上させる効果もあるので、積極的な活用がおすすめになります。

結論ファーストで話す

ロジカルシンキングによる結論ファーストで言いたいことを先に述べると、利き手の物事に対する理解力が深まります。

結論をはじめに述べるのは「CCF 」と呼ばれ、ロジカルコミュニケーションの基本です。

結論ファーストで会話を進めるメリットは以下になります。

  • 自分の考えを正しく伝える
  • 利き手が考える手間を省く
  • 説明の時間を減らす

結論から話すことで相手が話を理解しやすく、コミュニケーションコストの削減が可能です。

スピードや正確性が求められる仕事において「結論ファースト」で議題を展開すると、円滑なコミュニケーションとなります。

クッション言葉の使用

ロジカルシンキングでは仕事におけるコミュニケーションや対人関係の円滑化が測れるクッション言葉の使用がおすすめです。

クッション言葉とは「提案ですが」「1点質問があります」「大変恐縮ですが」などの、会話する前に添える言葉

仕事におけるクッション言葉の使用には以下のメリットがあります。

  • 丁寧な言葉遣いになる
  • 聞き逃す危険性を回避
  • 利き手が集中し、理解度が高まる
  • 利き手が頭の中で情報を整理しやすくなる

コミュニケーションでは、クッション言葉で相手の立場に立った会話で仕事をさらに円滑に進めることが可能です。

あんこもち
あんこもち

クッション言葉で物事に対しての利き手の理解力が高まるんだね!

クッション言葉は面接のマナーにおいても重要!バイト面接のマナーについてはこちらをチェックしてみてね!

さくらもち
さくらもち

バイト面接の流れやマナーをご紹介【持ち物】や【準備したほうがいいこと】を徹底解説!

ナンバリングの徹底

ナンバリングとは数字を用いることで、コミュニケーションや業務に具体性を持たせます。

ナンバリングは、ロジカルコミュニケーションの基本となる「NLC」に属します。

たとえば「たくさん」「多くの」「ほとんど」などの抽象的な表現も、数値を用いて説得力や具体性を出すことが可能です。

ナンバリングによって伝えたい物事を数字で表して、明確なコミュニケーションにします。

ナンバリングは具体性をもたせた会話に欠かせない要素で、仕事において物事の理解度を高める効果が期待できます。

ロジカルシンキングの鍛え方

日頃から論理的な思考を意識し、普段からトレーニングを取り入れるとロジカルシンキングの力を高めることが可能です。

ロジカルシンキングのスキル向上は、仕事をさらに円滑にするのです。

論理的な思考の鍛え方を理解し、実践する際は、真似から取り入れていくこともおすすめになります。

自分の思考のクセを理解する

ロジカルシンキングでは「自分の思考にどのようなクセや特徴があるか?」を理解すると、思考をうまく鍛えられます。

自分の思考において以下のようなクセや特徴がないか振り返りを行いましょう。

  • 物事を0か100で考える、白黒思考
  • ひとつがうまくいかないとすべてうまくいかないと決めつける
  • ネガティブに物事を捉えてしまう

思考のクセはみな異なりますが、自身の思考を客観的に理解しクセを見つけることは、論理的思考において欠かせません。

ロジカルシンキングの実践はもちろんですが、自分の思考のクセを理解することでトレーニングすべき点を上手に鍛えることが可能です。

さくらもち
さくらもち

性格の分析には無料のキャラ診断もおすすめだよ!

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

ロジカルシンキングの基本知識を習得

自身の考え方のクセを理解できたら、ロジカルシンキングを実践する前に土台となる基本や知識の振り返りを行います。

人それぞれ異なる考え方のクセや物事の捉え方や感じ方を理解し、理想とする思考への擦り寄せで思考のトレーニングが可能です。

ロジカルシンキングの基本知識は書籍や動画、講座や研修の受講で習得が可能です。

基本は正しく理解する必要があり、基礎に誤りがあると、応用や実践が難しくなる恐れも。

応用し実際に仕事で論理的思考を活用するためにも、ロジカルシンキングの基本知識を習得する方法は鍛え方の1つです。

さくらもち
さくらもち

オンラインでも学ぶ方法はたくさんあるから、自分に合った勉強法を取り入れてみてね!

普段からロジカルな会話を意識する

ロジカルシンキングの基本を正しく理解したら、普段からロジカルコミュニケーションを実践し鍛えていく方法もあります。

ロジカルコミュニケーションとは、論理的思考をもとにした会話で、普段から取り入れるメリットは以下。

  • 学んだことを実践できる
  • 実践の場として仕事に比べてハードルが低い
  • 普段から活用し理解を深める
  • 相手が理解できるように話すクセがつく

プライベートで普段からロジカルコミュニケーションを使用すると、思考を無意識に意識するため理解度は確実に深まります。

普段からロジカルな会話を意識し、ロジカルシンキングを定着させることも鍛え方としておすすめです。

考え方に具体性をもたせる

ロジカルシンキングを取り入れる上で、考え方に具体性をもたせることも思考の鍛え方の1つ。

抽象的な物事に具体性を持たせ、周囲の人も理解できるようになることは論理的思考の目的でもあります。

具体性に欠けると相手は物事を理解できず伝わりにくいデメリットも。

普段から考え方に具体性を与えると、自分の理解力とともに周囲にも理解されやすい考え方に鍛えることが可能です。

仕事におけるロジカルシンキングの注意点

ロジカルシンキングでは、物事に具体性を与えますが、仕事で使用する際は以下2点に注意することが大切です。

  • 現実と理論を離しすぎない
  • 思考は1つの型にすぎないことを心得る

ここではロジカルシンキングを活用する際の2つの注意点について解説します。

現実と理論や仮説を離しすぎない

ロジカルシンキングでは実際に起こっている現実と理論や仮説の離しすぎには注意が必要です。

物事を理解しやすい型に当てはめることは重要ですが、理解を深めようと関係性を疎かにすると、かえって理解が難しくなる原因に。

理屈は合っていても関係性を壊すと、考えが誤った方法に進む恐れがあるのです。

現実と理論を整理していく力は必要ですが、それぞれの繋がりも意識することが重要になります。

思考は1つの型にすぎないことを心得る

ロジカルシンキングは物事をクリアにし私生活や仕事で多くのメリットがある一方、思考の1つの型である事実は理解することが大切。

仕事において効率化や質の向上は期待できますが、固執しすぎると思考に捉えられて過程や結果を疎かにする恐れも。

ロジカルシンキングはメリットも多いですが、思考に固執せずに、1つの思考の型であることを心得ることが重要です。

まとめ

ロジカルシンキングは物事に具体性を与えて、筋道を明確にして考える力で、仕事の場面では多くのメリットを与えます。

またロジカルな思考は、活用することでスキルが向上し、普段からトレーニングや鍛え方を意識することがおすすめです。

ロジカルシンキングは、数日では身につかないため、普段からトレーニングを実践し、ぜひビジネスにおいても役立ててみてくださいね!

あんこもち
あんこもち

ロジカルシンキングを理解したら、性格診断であなたにぴったりの仕事探しをしてみてね!