実習期間はバイトできる?教育学部生におすすめのバイト6選!

教員を目指して教育学部に通う場合、どうしても必要になるのが教育実習。
教員免許状の種類によって実習期間は異なりますが、2〜3週間は学校に通い詰めです。

そんなとき、心配になるのがバイトとの両立ができるかどうか。「実習期間中はバイトを休もう…」とあきらめている教育学部生の方も多いのではないでしょうか。

実際に、教育実習期間のバイトはほぼ不可能と言われています。なぜなら、昼は実習、夜はその振り返りや翌日の準備など、平日はもちろん、土日も含めて教育実習期間はとにかく時間がありません。

そのため、教育学部生におすすめなのは、実習期間以外に効率的にお金を稼いでおいて、同時にコミュニケーション能力を磨くというやり方です。あらかじめ稼いでおくことで実習にも集中できますよね。

そこで今回は、忙しい教育学部生におすすめの高効率で、かつ将来に役立つアルバイトをご紹介します!
教育学部に進学したけれどバイト探しに悩んでいる…という方は、ぜひチェックしてみてください。

また、omochiのサイトでは、性格診断に基づいてあなたにぴったりのアルバイトをご紹介しています。
自分の性格に合ったアルバイトを診断してみたい方はこちらからどうぞ!

この記事をざっくり言うと
✓ 教育実習中のバイトはほぼ不可能
✓ 実習期間が始まる前に稼いでおくべし!
✓ 人と触れ合う仕事で経験値を積むのがおすすめ

教育実習とバイトは両立できる?

正直、教育実習とバイトの両立は『かなり大変』と言えるでしょう。

教育実習中は、指導案や授業プリントの作成に毎日追われます。
授業が終わってからも指導教員からのフィードバックがあり、学校を出るのは夜遅く。自宅に帰ってからも終わらなかった分の授業準備があり、平日の睡眠時間は3〜4時間ということも珍しくありません。土日も実習日誌の作成や、授業準備をしなければならず、なかなか休める期間はないでしょう。

そのため、教育実習中はバイトは『ほぼ不可能』と考えた方が良いかもしれません。

実習期間中にバイトするなら土日がおすすめ

どうしても生活費のためにバイトがしたい場合、『土日のどちらか』で働くのがおすすめ
土日であれば、平日と比べて一日のスケジュールに余裕があります。4〜6時間程度のシフトであれば、かなりタイトではあるものの、なんとかシフトに入れないこともありません。

なお、日曜日にバイトをするのであれば、次の日も実習で朝が早いためあまり遅くならないよう調整してもらいましょう。

また、金曜日も週末のためバイトに出やすいと感じるかもしれませんが、平日だと帰りが何時になるかわかりません。指導教員のフィードバック次第では、帰りが22時近くになることも。
そのため、金曜日にシフトを入れても出勤できない可能性があります!金曜日の夜のバイトは避けたほうが良いでしょう。

教育学部生がバイト探しの軸にすべきポイント

バイトを探すとき、重要となるのがバイト探しの軸。多くの求人から自分に合ったバイトを探すためには、バイト探しの軸を決めておく必要があります。

バイト探しの軸として、譲れない条件を明確にしておくことで、バイト探しがぐっと簡単になります。

以下では、教育学部生の方がバイトを探す際、軸にすべき重要なポイントをご紹介していきます!

シフトの融通が利くか

普段から働いている職場でも、実習期間中はどうしてもバイトを休むことになってしまいます。
シフトの融通が利くバイトであれば、実習期間中は休みをもらい、実習が終わってからまた働くことができるでしょう。バイトを長く続けたいのであれば、シフトの融通が利くバイトを選ぶのがおすすめです。

もし実習期間中も働くのであれば、土日かつ短時間のみのシフトでも働ける場所を選ぶべきです。この場合、一般的にバイトとして雇われている人の数の多い職場や、仮にバイトがいなくても社員だけで仕事を回すことのできるような職場が理想的です。

将来の仕事で役立つか

バイトの内容が、将来の仕事に役立つかどうか、というポイントで選ぶのもおすすめです。

特に将来教員を目指すのであれば、将来の夢として、教育系の仕事を志望している方も多いでしょう。こうした方には、『人に何かを教える』『子供と接する』といった内容のバイトがおすすめ。教育実習では子供達の前で授業をしたり、積極的にコミュニケーションを取ることが求められるためです。

バイトで人に教えたり、子供達と接したりという経験を積んでおけば、教育実習もスムーズに進められますよね。

自宅から通いやすいか

特に実習期間もバイトをする場合、自宅からの通いやすさは重要な要素になります。
仮に、家と実習先とは全く別の方向にバイト先があったら、移動時間の面で大きなタイムロスが生まれてしまいます。そのため、ちょっとでも自宅に近い方が、効率よく稼ぐことができます。

電車移動の場合、移動時間の目安としては片道30分以内。実習期間中にバイトをしないのであれば、大学の近くにあるバイト先を選ぶのもおすすめです。

自宅や大学付近のエリアか、普段使っている路線沿いなどから通いやすいバイト先を探してみてください。

教育学部生におすすめな人気バイト6選!

これまでの内容を踏まえて、教育学部生の方におすすめしたいバイトをピックアップしてご紹介。

どのようなバイトにしようか悩んでいる方は、この中から選んでみるのも一つの手でしょう。ぜひチェックしてみてください。

塾講師

平均時給:【1,100〜2,500円】

教員を目指すのであれば、生徒に勉強を教える塾講師のバイトがおすすめです。将来のイメージを付けることにつながるほか、生徒との接し方など、実際に子どもの相手をする経験が積めるという点で、塾講師のバイトは教育学部生に最適です。

なお、塾講師には『個別指導』『集団授業』の2つのスタイルがあり、より教育実習や仕事に役立つスキルが身につくのは『集団授業』です。教育実習では、生徒たちの前で模擬授業を行わなければいけません。集団授業スタイルの塾であれば、バイトであってもプレゼンスキルは十分身につきます。

バイトで『人前に立って授業を行う』ということを経験しておくことで、教育実習に行ったときも焦らず模擬授業ができるでしょう。

塾講師バイトについての詳しい解説記事はこちらから読めます。↓↓

▶︎塾講師バイトの詳しい仕事内容

塾講師バイトのおすすめポイント

以下の通りです。

  • 生徒に勉強を教える経験ができる
  • 集団授業スタイルの塾であれば、授業を行うのに必要なプレゼンスキルやコツが身につく
  • 時給が良く、稼ぎやすい

家庭教師

平均時給:【1,500〜2,500円】

塾講師と同様、家庭教師のバイトも生徒に勉強を教える経験が積めるため、将来教員を目指す方にとっておすすめのバイトです。

家庭教師では、複数の生徒を相手にする塾講師バイトと違い、基本的にマンツーマンで指導を行います。

そのため、いかに自分の指導で生徒のやる気を引き出せるかがポイント。集団指導とはまた異なる切り口で、教育分野の経験が積めます

成績を上げなければいけないというプレッシャーがある分、生徒の成績が上がったり、志望校に無事合格できたりしたときの喜びは大きいでしょう。

家庭教師バイトの詳しい解説記事はこちらからどうぞ。↓↓

▶︎家庭教師バイトの詳しい仕事内容

家庭教師バイトのおすすめポイント

以下のような魅力があります。

  • 生徒に勉強を教える経験ができる
  • 時給が良いため稼ぎやすい
  • 生徒との都合がつけば、曜日や時間の調整がしやすい

学童保育

平均時給:【900〜1,050円】

特に小学校の教諭を目指すのであれば、実際に子供達と触れ合える学童保育のバイトはおすすめです。

学童保育とは、放課後や学校が休みの日において、子供達の遊び・生活の場となる施設のこと。
資格を持たなくても、バイトとしてであれば働ける学童保育は多くあります。

仕事内容としては、子供達と一緒に遊ぶことや、昼食・おやつの配膳、学童指導員のサポート、学童イベントの企画・運営などです。

子供と接するのが得意でないという方も、学童バイトを通して徐々に接し方がわかってきます。学童バイトで身に付けたコミュニケーションスキルは、小学校の教育実習に行った際に特に役立つでしょう。

教える内容に自信がない方は学童バイトで、成績向上のプレッシャーのない中で働くこともお勧めです。

学童保育バイトのおすすめポイント

以下のような点が魅力的です。

  • 子供達との接し方がわかるようになる
  • 子供達の笑顔を見るとやりがいを感じられる
  • 教育学について大学で学んでいるため、バイトに受かりやすい

学童保育のバイトはこちらから探せます。

居酒屋

平均時給:【1,000〜1,200円】

シフトの融通が利きやすく、かつ稼ぎやすいため、教育学部生の方におすすめなのが居酒屋バイトです。

居酒屋で働くのは学生バイトが多く、実習などにも理解があり、シフトは比較的融通が利くところが多いのです。
また、深夜帯(22:00〜翌5:00)は深夜手当として時給が25%アップするため、しっかり稼げるのが嬉しいポイントと言えます。

大きくホールとキッチンのポジションに分かれており、居酒屋バイトとして募集されることが多いのはホールスタッフです。ホールはお客さんとの接客がメインで、特に金曜日の夜は大忙しとなり、手際よく料理やお酒を運ぶことが求められるでしょう。接客を通してコミュニケーション能力が身につきます。

▶︎居酒屋バイトの詳しい仕事内容

居酒屋バイトのおすすめポイント

居酒屋バイトのお勧めポイントは以下の通りです。

  • 深夜手当で稼ぎやすい
  • シフトの融通が利きやすい
  • まかない付きのバイト先が多く、食費が浮く

短期派遣バイト

平均時給:【1,100〜1,500円】

短期派遣バイトとは、派遣会社に登録し、そこで募集されている求人に応募するというものです。期間は短いもので1日のものもあります。

なお、派遣会社によって募集している職種が異なり、『イベントスタッフ』『キャンペーンガール』『試験監督』『データ入力』など、数多くの職種が募集されています。

派遣会社への登録さえ済ませておけば、一個一個の案件の採用のハードルは低く、また、一回ごとの応募なので、実習期間に「休みを取らなければいけない…」などの罪悪感を覚えず柔軟に働けるのがおすすめポイントです。

▶︎短期派遣バイトの詳しい仕事内容

短期派遣バイトのおすすめポイント

以下のような点が魅力的です。

  • 求人によっては高時給のものがある
  • 自分の予定に合わせて働ける
  • 様々な仕事を体験でき、飽きることがない

コールセンター

平均時給:【1,200〜1,400円】

コールセンターとは、いわゆる企業の『カスタマーサポート』や『お客様相談窓口』のこと。
「機械の使い方がわからない」「契約の内容を確認したい」といった各企業の商品・サービスに関する問い合わせや、通販番組における電話注文などに対応する仕事です。

電話が苦手という方でも、基本的にはトークスクリプト(マニュアル)通りに会話をすればいいため安心。
また、電話を通じてお客様から感謝されたときは、大きなやりがいを感じることができます。バイトを通し、正しい言葉使いが身につくのもメリットでしょう。

▶︎コールセンターバイトの詳しい仕事内容

コールセンターバイトのおすすめポイント

コールセンターバイトはこんな点が魅力的です。

  • 正しい言葉遣いが身につく
  • 時給が良いため稼ぎやすい
  • 基本的には座り仕事のため、体力負担が少ない

教育学部生におすすめのバイトまとめ

今回の記事では、教育学部生の方に向けて、おすすめバイトをいくつかピックアップして紹介してきました。いかがでしたか?

教育実習中は指導案の作成や授業の準備に追われ、なかなかバイトができません。そのため、実習期間は働く必要がないよう、実習前後でしっかり稼ぐという方法がおすすめです。

本記事で紹介した内容を参考に、ぜひ自分に合ったバイトを探してみてください。

もっと自分に合ったバイト先を見つけたい方は

omochiのサイトでは、性格診断に基づいて、あなたにぴったりのアルバイトをご紹介しています。

診断してみたい方はこちらからどうぞ。