オープニングスタッフとは?働くメリットやデメリット、志望動機の書き方を解説

バイトの求人広告でときどき見かける「オープニングスタッフ募集!」の文字。オープニングスタッフのバイトは店舗の立ち上げを経験できてやりがいにつながるほか、採用されやすい、待遇がいいなどのメリットがあります。

この記事では、オープニングスタッフとはどんなものか、バイトでオープニングスタッフとして働くメリットやデメリット、応募動機の書き方などを解説します。

オープニングスタッフとは何?新店舗オープン時のアルバイト

オープニングスタッフとは何?

オープニングスタッフは、店舗や営業所が新しくオープンする時に働く人のこと。

他の場所で人が余っていない限り、店舗や営業所を立ち上げるときは新しく人を募集しなければなりません。そのようなときに求人広告で「オープニングスタッフ募集」という文言で掲載されるのです。

一般的に新店舗では数名の社員が入り、足りない分の人員はオープニングスタッフのバイトが入ることになります。

居酒屋・レストランなどの飲食店、アパレルショップのような販売店などは特に新店舗を出すことが多い傾向にあります。そのため接客業をしていると、オープニングスタッフとして働く機会に遭遇しやすいです。

オープニングスタッフの求人はいつから出る?いつから勤務開始?最低でも1ヶ月前

オープニングスタッフの募集は2〜3ヶ月前、最低でもオープン日の1ヶ月前までに出されます。

なぜならオープニングスタッフは全員が業務未経験。同じ業種や職種の経験があるなど、人によって多少慣れはありますが、企業や店舗によってマニュアルや運営方法は異なります。

全員が仕事を一から覚える必要があるため、オープニングスタッフはオープン前に研修が設けられることが多いです。

研修期間を経てオープンするまでには最低でも1ヶ月は必要なので、求人はそれより前に出されます。

また「研修は勤務時間に含まれるの?」と気になる人もいるかもしれません。研修時間も時給は出ます。しかし研修時は通常より時給が低い可能性はあります。

オープニングスタッフのメリット9つ|採用されやすい、条件がいい

オープニングスタッフのメリット9つ

オープニングスタッフとして働くことのメリットは次の通りです。

  • 採用されやすい
  • 好条件で募集されることが多い
  • 研修があり未経験でもはじめやすい
  • 仕事の質問がしやすい
  • やりがいがある
  • 仲間意識が芽生えやすい
  • 人間関係ができていないから入りやすい
  • 新店立ち上げの経験が就活に活かせる
  • 新しく綺麗な場所で働ける

採用されやすい

オープニングスタッフは新店舗のオープン日までに運営を回せるだけの人員を揃える必要があります。

また入ったもののすぐ辞めてしまう人を想定し、オープニングスタッフを多めに採用することも。

いい人を入れることよりも人を集めることが重要なので、既存店の募集に比べてオープニングスタッフはバイトに採用されやすいです。

好条件で募集されることが多い

オープニングスタッフはオープンまでに採用を間に合わせる必要があり、他の求人より魅力的でないと人が集まらない可能性があります。

そのため時給が高かったり、「オープン手当」のような特別ボーナスが用意されていることが多いです。

また既存店の場合は人員が少ない曜日や時間帯に入れないと採用されない可能性が高いです。一方でオープニングスタッフはシフトがまっさらな状態なので、希望する曜日や時間帯にも入りやすい傾向にあります。

研修があり未経験でも始めやすい

既存店の場合はぶっつけ本番で業務を任されることもあるため、業務未経験の人にはハードルが高いです。

一方でオープニングスタッフは他店からの異動でない限りはスタッフ全員が業務初心者。業務を教えられる先輩スタッフがいないこともあります。

オープン日前までに業務に慣れる必要があるため、オープニングスタッフは実際に働く前に研修が設けられていることが多いです。仕事を一通り覚えてからオープンを迎えることが可能です。

仕事内容の質問がしやすい

オープニングスタッフ向けの研修があるものの、いざオープンしてみるとどう対応すればいいかわからないことや、イレギュラーな事態に遭遇することがあります。

既存店では周りに質問をする人が少ないため、先輩や社員に質問がしにくいです。しかしオープニングスタッフは全員が初心者。みんなが社員に対し質問をするので、わからないことも質問がしやすいです。

やりがいがある

既存店の場合、すでに集客がある状態でバイトすることになります。またやり方やルールも決まっているため、それに従えばよいです。

一方でオープニングスタッフは、オープンするまで集客があるかわかりません。また多店舗展開しておりすでに仕組みができている場合でも、新規店では通用しないこともあります。

既存店と違い新規店ではさまざまな課題に直面することがありますが、それを乗り越えられたときのやりがいは大きいです。

仲間意識が芽生えやすい

オープン直後はさまざまな問題に直面します。スタッフ全員の経験値が浅いので、トラブルにうまく対処できずに悩んでしまうことも。

しかしオープニングスタッフは全員で問題を一緒に乗り越えるため、仲間意識が芽生えやすいです。

人間関係ができていないから入りやすい

既存店の場合、すでに仲良しのグループができていることがあります。そのため人間関係にうまく馴染めずに悩んでしまう場合があります。

しかしオープニングスタッフは人間関係がまっさらな状態でスタートします。全員が初心者でグループができていないので、既存の人間関係に入るのが苦手な人には特におすすめです。

またバイトは全員が初心者。先輩後輩やお局様といった上下関係がなく、長く勤めていることからのマウントを取られることも少ないです。

新店立ち上げの経験が就活に活かせる

オープニングスタッフは既存店と違い、一から店舗が出来上がるまでを経験できるほか、職場内でスタッフ同士が円滑な人間関係を築けるよう試行錯誤できます。そのような経験はなかなかできないもの。

そのため店舗の立ち上げ経験があると、今後の就職活動でも応募動機や自己PRに活かせます。

またオープニングスタッフ向けの研修でビジネスマナーを学べることもあり、その経験を就活や社会人になってから活かせるのも魅力です。

新しく綺麗な場所で働ける

新しくオープンする店舗や営業所は、綺麗な内装に新品の機材を入れていることが多いです。オープニングスタッフは綺麗な状態で働けることで、やりがいにもつながります。

オープニングスタッフのデメリット|トラブルが起きやすい、忙しい

オープニングスタッフのデメリット

オープニングスタッフとしてバイトで働くことのデメリットは次の通りです。

  • 業務経験がある人が少なくトラブルが起きやすい
  • オープン後すぐは来客が殺到して忙しい
  • 研修場所が遠い可能性がある

業務経験がある人が少なくトラブルが起きやすい

新規オープンの店舗は、多店舗展開している企業によるお店なら既にマニュアルが用意されていることが多く、それに従えば運営につまずくことは少ないです。

しかし店舗数が少ないお店や個人が経営するお店のオープニングスタッフの場合、仕組みができていない場合もあります。またマニュアルや仕組みがある場合でも、新店舗では通用しないことも。

オープニングスタッフとして働いていると、オープン当初はさまざまなトラブルに直面します。また周りに頼れる社員や先輩がいない可能性もあり、トラブルに上手く対処できずに悩んでしまうこともあります。

オープン後すぐは来客が殺到して忙しい

多店舗展開する企業のオープニングスタッフの場合、新規オープンのお店は大々的に宣伝することが多いです。そのためオープン当初は多くの人が来店します。客数が多いと必然的に業務量は増えるので、忙しくなります。

またスタッフのほとんどが業務に慣れていないため、効率よく運営を回せないことも。オープニングスタッフとしてバイトするなら、最初の数ヶ月は忙しくて疲れてしまうことを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

研修場所が遠い可能性がある

多店舗展開している企業の場合、他店で研修を行う場合があります。しかし会社の都合で、研修する店舗が遠い場所である可能性も。

オープニングスタッフに応募するときの志望動機の書き方

オープニングスタッフに応募するときの志望動機の書き方

オープニングスタッフの求人に応募するとき、志望動機は次の2つのポイントを抑えて書きましょう。

  • 立ち上げ経験の意欲
  • 職種や業種への興味

オープニングスタッフで立ち上げ経験をすることで、その後の就職活動でも自己PRや志望動機に活かせます。学生さんは「新店舗を立ち上げた経験をして、その後の就職活動で活かしたい」とアピールすれば前向きな志望動機として捉えられやすいです。

また既存店と同様に、店舗の職種や業種に興味があることを応募動機としてもよいでしょう。

オープニングスタッフ募集への志望動機の例文を紹介!

ここでは、オープニングスタッフ募集に対する志望動機の例文をご紹介します。今後の参考になれば幸いです。

私が貴社の求人に応募した理由は、近くで働ける接客業のアルバイトを探していたためです。

私は最近○○町の近くに引っ越してきており、通学途中にある店舗で働きたいと思っていました。また人と話すことで活力を貰えるため、私は接客業が向いていると考えています。

数ある接客業の中でも貴店の求人に応募したのは、オープニングスタッフとして働いた経験を持つことで今後の就職活動に活かせると考えたからです。将来は○○業の仕事に就きたいとも考えており、貴社の求人に応募しました。

オープニングスタッフの応募時・面接時のコツ

オープニングスタッフの応募時・面接時のコツ

オープニングスタッフはオープンまでに人員を揃える必要があるため、採用されやすいです。

しかし既存店への応募と同様に、オープニングスタッフでも面接時の態度が悪かったり、面接時間に遅れたりすると面接で落とされることがあります。最低限のマナーを守り、面接官が好感を抱いてくれるような対応を取りましょう。

またオープニングスタッフの募集は人気であるため、多くの人が応募します。そのため定員に達するまでが早い傾向にあります。求人を見かけたらすぐに応募するようにしましょう。

まとめ

オープニングスタッフは採用される確率が高く、待遇面でも優れています。また新店舗立ち上げの経験ができ、仕事内容の質問もしやすいです。