働きたくないのは甘え?働きたくない人の特徴や対策、オススメの仕事を徹底解説!

さくらもち
さくらもち
仕事したくないなぁ…
一生、家に引きこもっていたい…
あんこもち
あんこもち

一度でもこんなことを思った経験はないでしょうか。

人は生活する上でお金が必要になるので、働かなければいけません。

しかし、どうしても働きたくないと思う時にはどうすればいいのでしょうか。

今回は、働きたくないと思う理由や働きたくないと思った時の対策、働きたくないと思っている人にオススメの仕事について紹介します。

この記事をざっくり言うと
✓ 働きたくないと感じる人は8割以上

✓ 働きたくないのは甘えではなく当たり前

✓ 働きたくないと思う理由は7つ 

働きたくないのは甘えではない

働きたくないのは甘えではない

上司や親に「働きたくない」と相談すると、「働きたくないなんて甘えるな!」と一喝されるかもしれません。

しかし、働きたくないのは決して甘えではありません。

株式会社ビズヒッツによるアンケート調査では、仕事をしている人の84%は「働きたくない」と思うことがあると回答しました。

普段は偉そうにしている上司であっても、心の中では「働きたくない」と思っているのです。

また、現代の日本は少子高齢化により労働人口が減少しています。

時代が進んでいく中で、私たちは常に最新の技術を取り入れなければいけません。

そのため、機械化が進んでいる反面、従業員一人一人の業務量が以前よりも増えているのは明らかなのです。

これらの状況から、働きたくないと思うのは甘えではなく、むしろ当たり前と言えるでしょう。

働きたくないと思う理由

働きたくないと思う理由

そもそもなぜ働きたくないと思うのでしょうか。

その理由を7つ紹介します。

人間関係に疲れている

仕事をする上で人間関係は非常に重要です。

いくら仕事が大変でも、人間関係が良ければ居心地が良いと感じるでしょう。

そのため、最近では給与の高さよりも人間関係や職場環境を重点的に選ぶ人も増えてきました。

しかし、もし上司や同僚との関係があまり上手くいかない場合には、居心地が悪いと感じてしまいます。

最終的には会社に行くのが辛くなってしまい、働きたくないと感じてしまうのです。

働くことに疲れた

会社によっては長時間労働が当たり前となっており、朝早くから出社して終電ギリギリまで働くという人もいます。

毎日仕事に追われる生活に疲れてしまい、精神的な疲労から働きたくないと感じてしまいます。

さくらもち
さくらもち
お金が溜まっても使う時間すら無くなるのはキツいよね…

仕事で上司から怒られる

上司から怒られるのが怖くて働きたくないという人も多いのではないのでしょうか。

「怒られるうちが華だ」と思う人もいるかもしれませんが、怒られて嬉しいと感じる人はいません。

何度も怒られるうちに萎縮してしまい、仕事が手に付かずトラウマになる可能性もあります。

自分が思い描いていた仕事内容と違っていた

どんなに仕事が忙しくても、自分がやりたい仕事であれば時間を気にせずに取り組めます。

逆に、自分のやりたくない仕事であれば、業務内容がいくら簡単でも興味を示すことができません。

その結果、モチベーションが低下してしまい、会社に行く足取りが重くなってしまうのです。

働く目的がわからない

モチベーション高く働いている人は「もっと出世したい」、「給料を今よりも増やして裕福な生活がしたい」などの明確な目標があります。

一方で、仕事もプライベートも何も目標がない人にとっては、「なぜ働かなければいけないのか」など、働く目的が分からなくなってしまいます。

その結果、鬱病に陥ってしまう人も少なくないのです。

何かしらの目的を持つことが重要だね
あんこもち
あんこもち

同じ仕事を長期間おこなっている

同じ職場で同じ仕事を長年おこなっている場合には、仕事自体に飽きてしまい、働きたくないと感じることもあります。

特に単純作業の業務や自分のスキルアップに繋がらない場合には、「自分がおこなっている仕事は意味があるのだろうか」と考えるようにもなるはずです。

また、長く働いているのにも関わらず、自分だけキャリアが一向に上がらないことに不安を覚える人も少なくありません。

仕事が複雑

仕事が複雑で覚えられず、働きたくないと感じる人もいます。

最近では、エンジニアやデザイナーなどのパソコンを使ったクリエイティブな職に憧れて、IT職を志す人も増えてきました。

しかし、理想とは異なり現実では仕事内容があまりにも複雑で、一向に仕事ができないという人も少なくありません。

最終的には上司や納期によるプレッシャーに耐えきれず、会社に行くのが辛くなってしまうのです。

働きたくないと思う人の特徴

働きたくないと思う人の特徴

具体的に働きたくないと思う人にはどのような特徴があるのでしょうか。

3つ紹介します。

ネガティブな人

何事にもネガティブに捉えてしまう人は要注意です。

ネガティブな人は一度ミスして怒られただけで、「次もミスしたらどうしよう」などと不安が先行してしまい、何も行動できなくなってしまいます。

その結果、徐々に気分が落ち込んでしまい、働きたくないと感じるようになるのです。

我慢するのが苦手な人

働いていると、何度も嫌なことや辛い経験をすることがあります。

そんな時でもいかに我慢できるかが非常に重要です。

我慢するのが苦手な人は、嫌なことや辛い経験をしただけですぐに現実逃避してしまい、仕事を続けるのが難しい傾向にあります。

さくらもち
さくらもち
我慢しすぎるのも良くないけど、ある程度は耐えることが重要だね

コミュニケーションが苦手な人

仕事はチームでおこなうので、常にチームワークが重要となってきます。

チームワークを強化するためにはコミュニケーションが必須です。

しかし、1人で集中して作業したい人やコミュニケーションを取るのが苦手な人は、会話するだけでも苦痛に感じてしまうはずです。

コミュニケーションが上手く取れないと、頼りにできる仲間を作ることが出来ず、職場で孤立してしまいます。

その結果、職場に行くのが嫌になり働きたくないと思ってしまうのです。

働きたくないと思った時の対策

働きたくないと思った時の対策

働きたくないと思ったらどのような対策を講じれば良いのでしょうか。

具体的な対策を4つ紹介します。

自分を責めすぎない

上司から怒られたり大きなミスをした場合でも自分を責めすぎないようにしましょう。

自分を責めすぎてしまうと、「また怒られるのではないか」という不安が脳裏をよぎります。

その結果、仕事をするのが怖くなり、働きたくないと感じてしまうのです。

ミスを反省することはもちろん大事ですが、いつまでも引きずるのではなく、次回のアクションにどうやって繋げることができるのかを考えましょう。

思い切って休む

働きたくないと感じたら、思い切って休んでみるのも一つの手です。

働くモチベーションが下がる原因としてハードワークが挙げられます。

あまりにも残業が多かったり休日出勤が続くと、仕事そのものが嫌になります。

また、最終的には心身共に疲弊してしまい、体調を崩すということも珍しくありません。

そうならないためにも、有給休暇が残っているのであれば積極的に利用しましょう。

有給休暇は従業員が自由に休むことができる権利です。

休暇中は自分の趣味に没頭したり、旅行で知らない土地へ行ってみたりすると、心身共にリフレッシュすることができます。

働く目的を見つける

働く目的を見つけましょう。

就職活動でおこなった自己分析同様、「自分は将来どうしたいのか」など徹底的に深堀することで、働く目的が明確になります。

働く目的が明確になることで、仕事に対するモチベーションが上がり、これまで以上に仕事へのやりがいが見つかるはずです。

目的を設定する時には、長期的な目標または短期的な目標どちらでも構いません。

さくらもち
さくらもち
自分に合った目標を設定しよう!

転職も考える

働きたくないと思う一番の原因は、職場環境かもしれません。

働く人の中には、「会社の経営方針に納得いかない」、「働いているメンバーと合わない」など職場環境に不満を持つ人は多いです。

しかし、職場環境を自分一人で改善することは非常に難しいのも事実です。

そんな時には転職も視野に入れましょう。

人間関係を必要とせず、個人で働きたいのであれば、独立してフリーランスになるという手段もオススメです。

働きたくない人にオススメの仕事

働きたくない人にオススメの仕事

働きたくなくても生活するためには働かなければいけません。

しかし、働くのであればストレスが少なく自分に合った仕事をしたいですよね。

さくらもち
さくらもち
働きたくない人にも向いているオススメの仕事を紹介するよ!

WEBライター

WEBライターは、企業のメディア記事や個人のブログ記事を執筆する仕事です。

執筆する上でコツやスキルなどはありますが、日本語で文章を書くことができる人であれば、未経験からでも仕事を始めることが可能です。

また、基本的に一人で作業することが多いので、コミュニケーションを取るのが苦手な人にもオススメできる仕事と言えるでしょう。

パソコン1台とネット環境さえあれば基本的にどこでも作業できるので、自分の生活に合わせて業務をおこなうことが出来ます。

ハンドメイド

ハンドメイドは、自分で作った商品を販売する仕事です。

アクセサリーや自分で考えたデザインをTシャツにペイントして、自分のホームページから販売している人もいます。

一人で黙々と作業するのが好きな人や、手先が器用な人にオススメです。

YouTuber

YouTuberは、動画共有プラットフォームのYouTube上で動画を投稿し、収入を得る人のことを指します。

HIKAKINやはじめしゃちょーなどの有名YouTuberに憧れる人も多く、小学生がなりたい職業ランキングでも一位を獲得したことがあるほど人気の職業です。

最近では広告収入だけではなく、自身の商品やサービスを提供することで収入を得ている人も多く、会社員の給料の何倍も稼いでいる人も少なくありません。

大変な部分もありますが、「働きたくないけど有名になりたい人」、「好きなことで生きたい人」にはオススメです。

ライバー

ライバーとは、ライブ配信アプリで配信をおこなうことで収益を得る人のことです。

ライブ配信には「投げ銭機能」というのがあり、視聴しているユーザーが気になっているライバーに対して好きな金額を送金するシステムがあります。

投げ銭の一部がライバーの収入となります。

ライバー事務所に所属すると、CMやメディアへの出演オファーが来ることも珍しくありません。

最近ではライブ配信アプリも増えており、YouTubeの次に人気となる職業として注目されています。

携帯一つで誰でも始めることが出来るよ!
あんこもち
あんこもち

ブロガー

ブロガーは、自分でブログを運営することで稼いでいる人のことです。

ブログで稼ぐ方法は2つあります。

1つ目は、自分のブログに広告を掲載することで、クリック率や表示回数に応じて報酬が支払われる方法です。

2つ目は、気になる商品やサービスを紹介して成約することで、提供会社から報酬が支払われる「アフィリエイト」と呼ばれる方法です。

ブロガーの中には、1つの記事だけで数十万円以上稼ぐ人も珍しくありません。

一度書いた記事は半永久的にネットに残るので、非常に資産性があります。

収益を上げるまでが大変ですが、その後は半自動的に収入を得ることもできるので、なるべく楽して稼ぎたい人にオススメです。

治験

治験とは、健康食品や医薬品のモニターをおこなう仕事です。

指定された施設で一定期間、採血や医薬品を摂取することで謝礼が支払われます。

行動の制限などはありますが、指示に従うだけなので非常に簡単です。

しかし、治験に参加する条件として健康的な身体であるかどうかなどの厳しいチェックを受けなければいけません。

さくらもち
さくらもち
新薬を摂取したことで副作用が発生する場合もあるので注意が必要だね

イラストレーター

イラストレーターは、クライアントの要望に応じてイラストを描く人のことです。

最近では「NFT」という言葉が流行して、NFTアートを提供するイラストレーターも増えてきました。

独学で始める人も多く、絵を描くのが好きな人にとっては堪りません。

一度評価されると、たちまち有名になることもあるので、自分をブランディングすることもできます。

まとめ

今回は、働きたくないと思う理由や働きたくないと思った時の対策、働きたくないと思っている人にオススメの仕事について紹介しました。

働きたくないと思っている人は自分だけではありません。

8割を超える人は、自分と同じように働きたくないと思っているのです。

しかし、生活する上で働かなければいけないので、今回の記事を参考に働きたくないと思ったら対策を講じて、自分に合った働き方を見つけてみてはいかがでしょうか。