マスコミ業界のバイトを探す方法と主な仕事内容3つを紹介!

あんこもち
あんこもち
マスコミ業界のバイトってどんな仕事?

マスコミ業界でバイトをしてみたいけど、どうやって探せばいいの?
あんこもち
あんこもち

あなたは、テレビ局や新聞社などの「メディア関係の仕事をしてみたい」と興味を持っていますよね。

「将来的にマスコミ業界で働きたい」「芸能人に会えるかもしれない」という理由でマスコミ業界のバイトを始めたい人は多いです。

しかし、マスコミ業界のバイトは通常の求人情報ではなかなか見つけられないため、イメージが湧きにくいですよね。

そこでこの記事では、 マスコミ業界でバイトを始めたい人に向けて「バイトの探し方」や「仕事内容」 を解説しました。

この記事をざっくり紹介すると

✓ マスコミ業界でバイトを探す3つの方法

✓ マスコミ業界の仕事内容

✓ マスコミ業界で働くのが向いている人の3つの特徴

さくらもち
さくらもち
記事の後半では、マスコミ業界のバイトで、将来的に就活に活かす方法もご紹介します。

マスコミ業界のバイトを探す3つの方法

マスコミ業界で働きたいと思った人が実際にバイトを始めるには、以下の3つの方法があります。

  1. バイト求人サイト
  2. メディア公式HP
  3. 友人からの紹介

前提として、マスコミ業界のバイトの求人は多くはありません。

募集が多いタイミングもメディアによって異なるため、その点は注意して探しましょう。

それでは、以下で詳しくご紹介します。

1. バイト求人サイト

マスコミのバイトは、求人サイトで探すこともできます。

求人自体が少ないため、 何気なく探しているだけでは今まで見つけられなかった かもしれません。

しかし、以下のようなバイトなら求人サイトでも探せます。

  • 劇場の美術セットを作るスタッフ募集
  • 映像編集のサポート業務
  • レンタル用の撮影機材のメンテナンス

マスコミ業界のバイトは「カメラマン」や「マネージャー」などのイメージが強いですが、バイトの仕事は裏方の作業が多いです。

さくらもち
さくらもち
omochiサイトでも「マスコミ業界」の求人を取り扱っているため、興味のある方はどんな仕事があるかチェックしてみてください。

2. メディア公式HP

マスコミ業界は、各企業が直接バイトの募集をしていることもあります。

マスコミ業界の仕事は忙しいシーズンがとくに決まっておらず 「番組が始まるとき」や「新企画が始まるとき」などで人手が足りなくなる ことが多いです。

例えば「リサーチや調査結果のまとめ作業」「資料作りや簡単な編集作業」などには、単純作業だけど仕事量が多いという場合が増えます。

上記のような場合に、各制作会社でホームページを通して直接募集されていることがあるのです。

ホームページでの募集は、マスコミ業界の中でも「テレビ局関係」の業務を請け負っている会社に多いため、チェックしてみましょう。

3. 友人からの紹介

友人からの紹介でマスコミ業界のバイトをするという場合も多いです。

マスコミ業界はテレビや新聞など、正確かつ誰も不快にさせない内容で情報を発信する必要があります。

そのため、 コミュニケーション能力や仕事の信頼性などを重視している会社が多い です。

すでにバイトをしている人は「コミュニケーション能力がある」と判断されており、その友人の紹介なら会社側も「その人が紹介する人なら信頼できる」という判定をしてくれます。

Yahoo!知恵袋での口コミでも、実際に「バイトを紹介してもらった」という声がありました。

(前略)

>4、バイトの採用倍率はやっぱり高かったですか? この業界は紹介というカタチが多いと思います。私も友人がバイトしており、その友人の紹介でバイトを始めました。面接などはありませんでした。そういうところはけっこうさっくばらんです。

引用:Yahoo!知恵袋

 

周りでマスコミ業界のバイトをしている方がいれば、紹介してもらうのもひとつの方法です。

マスコミ業界のバイトの仕事内容

本記事では、omochiサイトで保有している「マスコミ業界のバイト」で多かった仕事内容をご紹介します。

  1. テレビ局|制作スタッフ・アシスタント
  2. 新聞社|取材・アシスタント
  3. 出版社|編集・構成・アシスタント

以下では詳しい仕事内容をご紹介しているため、あなたがバイトをしたい仕事を選んでみましょう。

1. テレビ局|制作スタッフ・アシスタント

テレビ局関係には、以下のような仕事があります。

  1. カメラ撮影
  2. 大道具スタッフ
  3. 映像ディレクター
  4. 映像制作アシスタント
  5. 番組制作アシスタント

テレビ局関係の仕事は「現場のカメラ撮影」を担当することや「裏側の制作チーム」に加われることもあり、仕事の幅が広いという特徴があります。

カメラ撮影などの 現場の仕事を担当することがあれば、芸能人を見るチャンスがあると同時にそれだけ責任が重い仕事 でもあります。

さくらもち
さくらもち
具体的な仕事内容を見たい方は、以下のボタンから確認できますよ。

2. 新聞社|配達員・アシスタント

新聞社関係には、以下のような仕事があります。

  • 原稿の校閲作業
  • 記録・入力補助
  • 編集アシスタント

新聞社のバイトには 「新聞制作には関わらない仕事」と「新聞制作に直接関わる仕事」 があります。

新聞制作には関わらない仕事である「編集アシスタント」は、新聞編集者の事務的な補助をする仕事です。

また、新聞制作に直接関わる仕事の「原稿の校閲作業」は、仮で完成した原稿をチェックし誤字脱字がないか確認する仕事。

「記録・入力補助」の仕事は、野球やサッカーなどスポーツの試合結果を随時記録する作業員の仕事です。

さくらもち
さくらもち
新聞社のバイトに興味がある方は、以下の記事で詳細をご紹介しています。

新聞社バイトの「時給」や「仕事内容」をチェックする

3. 出版社|編集・アシスタント

出版社は雑誌や本を出版する会社で、バイトには以下のような仕事が与えられます。

  • 編集アシスタント
  • 販売業務アシスタント
  • 制作事務アシスタント

マンガや雑誌の執筆担当の方から原本が送られてくるため、原本の編集作業をしたり発行したりするまでが出版社の仕事です。

バイトとして入る場合は、そのアシスタント作業をすることになります。

 編集で手が回らない場合や事務的な作業を依頼される ことが多いです。

仕事自体は事務系なので難しいことは少なく、好きなマンガの出版の裏側に携われるチャンスですよ。

マスコミ業界のバイトに向いている人の3つの特徴

マスコミ業界のバイトに向いている人の特徴は、以下の3つです。

  1. 不規則な出勤体制に慣れている
  2. 臨機応変な対応ができる
  3. コミュニケーション能力が高い

マスコミ業界は、新鮮で正しい情報を世の中に送り出すために仕事の「精度」や「速さ」が求められます。

そのため、上記の特徴を持つ人がマスコミ業界で活躍できる可能性が高いです。

それでは以下で詳しく見ていきましょう。

1. 不規則な出勤体制に慣れている

マスコミ業界は、仕事の内容によっては勤務時間が不規則な可能性があります。

例えば、テレビ局の番組スタッフとしてバイトをする場合は、 番組のタイムスケジュールに出勤時間を合わせる必要があったり、新聞社で働く場合は翌日の出版に間に合わせる必要があったりします。 

そのため、仕事に合わせて時間管理する必要があるのです。

例として、夜中に生放送をするニュース番組のスタッフバイトの場合、20時〜25時という出勤もあるかもしれません。

しかし、夜の時間帯に働くことになっても毎日違う時間帯ということは少ないです。

ひとつ番組が決まれば、その番組が終わるまでは同じ仕事を振られるからです。

働く時間帯は日中じゃない可能性はありますが、生活リズムは変わらないため、慣れてしまえば負担は少なくなりますよ。

2. 臨機応変な対応ができる

マスコミ業界の仕事は、もしトラブルがあってもテンパらずに対応できる人が向いています。

なぜなら、 テレビ番組や新聞は情報が公開される時間が決まっている ため、トラブルがあってもすぐに対応しなければいけないからです。

例えば、新聞社でサッカーのデータ入力バイトをしている場合を考えてみましょう。

本来なら、入力したデータを試合終了後に、公式記録と照合をおこない間違いがないことをチェックします。

しかし、公式記録と照合したときに結果が違った場合、すぐに対処しなければいけません。

対処法としては、ほかの新聞社の方とも記録を照合すればいいのですが、対応に慣れていない場合は焦りますよね。

上記のように、マスコミ業界は情報を正確かつ迅速に伝えることを求められるため、臨機応変な対応ができる人が向いています。

3. コミュニケーション能力が高い

マスコミ業界でバイトをするには、コミュニケーション能力が高い人が向いています。

なぜなら、マスコミ業界は人と関わることが多い仕事だからです。

例えば、1時間のバラエティ番組を作るにも、以下のような人が関わっています。

  • タレント
  • 音響担当
  • 映像担当
  • メイク担当
  • スタジオ設計
  • アシスタント
  • プロデューサー

上記にように、 一般的な仕事よりも多くの人が関わっているため、周りの人と連携を取ることが重要 です。

そのため、マスコミ業界はコミュニケーション能力が求められます。

将来的にマスコミ業界で働きたい学生はバイトをするべき

将来的にマスコミ業界で働きたい方は、学生のうちからマスコミ業界のバイトをすることがおすすめです。

前提として、コネのように「バイトをしていたから雇う」ということはありません。

バイトをしていた部署に就職したいとなれば、エントリーから始まります。

しかし、 マスコミ業界は「信頼関係」が重要なため、長い付き合いになれば面接などでは有利に働く 可能性はあります。

また、あなた自身も一度働いてから「本当にマスコミ業界で働きたい」と決心できる方が、説得力のある志望動機が書けるようになります。

「インターンシップに行く」ようなイメージで事前に仕事を体験できると思えば、バイトをするメリットは大きいですよね。

まとめ| マスコミバイトでは貴重な体験ができる!

マスコミ業界の仕事は普段何気なく見ているメディアの制作側に携われるため、新しい発見があったり普通ではできない経験ができたりするバイトです。

コミュニケーション能力が高い方や臨機応変に対応できる方は、マスコミ業界のバイトに向いていますよ。

また、将来的にもマスコミ業界の仕事に就きたいと考えている方は、仕事を体験してみるという意味でもおすすめです。

さくらもち
さくらもち
マスコミ業界のバイトがどんな仕事があるのか興味がある方は、以下のリンクから探してみましょう。