インターンとは?インターン生の「正社員採用」について徹底解説!

さくらもち
さくらもち

今日はインターンについて紹介するよ。

インターンとは興味のある業界や企業を訪問し、実際の仕事について学ぶ「職場体験」のことを指すよ。

さくらもち
さくらもち

インターンシップに参加した後、正社員採用につなげるにはどんなことが大切なのかな?
あんこもち
あんこもち

近年インターンから正社員に採用されるケースもあり、期間は一日から数ヶ月、一年以上など幅広い傾向にあります。

ただ、すべてのインターンが正社員採用につながるわけではありません。

インターンを内定につなげるには、インターンやインターン生の特徴について事前に理解しておくことが大切です。

今回は、インターンからそのまま正社員採用となる仕組みについて詳しく解説していきます。

インターンを通した正社員採用を狙っている方は、ぜひチェックしてみてください。

この記事をざっくり言うと
✓ 短期より長期インターンの方が正社員採用につながりやすい

✓ 内定ゲットの秘訣は、積極的に取り組み人間性をアピールし、企業側の不安要素を減らすこと

✓ 内定に直結しなくても、実務経験を積むことや社会人としての働き方をイメージできる

 

▽omochiでは、性格診断で自分に合ったバイトを探すことができます。
こちらのボタンから診断してみてください!

インターン生から「正社員採用」につながる仕組み

「インターンから正社員になった」といっても、就職までのルートや期間はさまざまで、正社員採用につながる流れを理解することがおすすめです。

正社員採用を狙うには、正社員採用に至る流れや、正社員採用が多いインターンに適した業界や企業の特徴を把握しておきましょう。

正社員採用までの流れ

インターンで正社員の内定を出されるパターンとして、大きく2つのものに分かれます。

具体的には以下のパターンが生じやすいです。

  1. インターン生として働く中で、『卒業後もそのまま働かないか』と声をかけてもらいそのまま内定
  2. 直属の上司推薦のもと、役員や社長との面接を経て内定

小規模な会社の場合、社長から直々に声がかかることも多い傾向に。

両者とも一緒に働く社員や上司にとってあなた自身がプラスな存在となるために、日々の業務を真面目にこなす必要があります。

長期インターンは正社員採用に繋がりやすい

正社員採用が多いインターンの特徴は以下2つ。

  • インターン募集に『内定直結』『正社員登用あり』と書かれている
  • 短期のインターンではなく、数ヶ月〜1年以上働く『長期のインターン』である

インターン生の募集ページに、正社員採用についての記載があれば、実際にその職場では正社員採用が多いと言えます。

過去にインターンからの正社員採用の実績があったり、インターン生の社員化に向けた評価制度が整っていたりします。

また制度の記載がなくとも、長期インターンであれば、正社員採用の見込みは高いです。

長期インターンで正社員採用が多い理由

長期インターンにおける正社員採用が多い理由として「会社の規模が比較的小さい」「インターンで実務経験をこなす」という点が挙げられます。

長期インターンを実施する企業は、中小企業やベンチャー企業など、比較的企業の規模が小さいケースがほとんど。

役員や社長に働きぶりを評価してもらえるチャンスが多く、評価次第では、正社員採用に向けて柔軟な対応をとってもらえる可能性もあるのです。

「このインターン生が就職したときにどのような働き方をするか」が企業側にとってイメージしやすく、仕事の成果次第では、正社員採用の可能性も高くなる傾向にあります。

さくらもち
さくらもち

正社員採用の決定権がある役員や社長との距離が近い点はメリットだね

短期インターンで内定が出る場合も

期間が1日〜2週間の短期インターンの場合は本選考で優遇されやすく、人事に顔を覚えてもらいやすいというメリットがある一方、内定に直結するものは少ない傾向にあります。

なぜなら、短期間では学生の『人柄』や『仕事への向き合い方』がなかなか見えてこないためです。

人間性がわからないうちに内定を出すリスクは大きく、不安要素があるため、短期間で正社員採用に結びつく可能性は稀になります。

しかし、そんな短期インターンでも稀に正社員の内定を出してもらえるケースも。

特に1〜2週間にわたり実施される実践型・コンペ型の短期インターンにおいて、正社員採用の声がかかることもあるようです。


短期間でも仕事に熱心に向き合う姿で、人事や現場社員の方にプラスな印象を残していこう!
さくらもち
さくらもち

【インターンシップはいつから】冬の参加がおすすめな理由

企業がインターンシップを始める時期は7月・8月が最も多いですが、正社員採用を狙う場合は冬の参加がおすすめです。

企業で時期が異なるインターンは、それぞれ開催する特徴や目的が異なります。

インターンシップがはじまる時期 特徴や目的
春・夏・秋 ・学生に企業を知ってもらうことが目的
・会社の仕事内容を理解してもらう
・優秀な人材を確保したい
・内定も視野に入れている

学生自体も冬と夏の参加が多いですが、正社員採用を望む場合、企業側も内定を視野に入れている冬開催のインターンシップへの参加を推奨します。


インターンシップを体験したい場合は、申し込み期間に遅れないように注意しよう。
あんこもち
あんこもち

インターンシップの申し込みはいつから始まる?【応募の基本】を解説

インターン生からそのまま正社員になるメリット

ここからは、インターン生からそのまま正社員になることのメリットは以下のように豊富になります。

  • 業務内容や人間関係のギャップが少ない
  • 即戦力として活躍できる
  • ハイレベルな企業に入社できる可能性がある

このように、入社後の働きやすさや理想とする働き方を実現しやすい魅力があるのです。

業務内容や人間関係のギャップが少ない

インターン先へ就職する場合、業務内容や人間関係でのギャップが少ないというメリットが挙げられます。

学生であるインターン生よりも、社員の方が業務の責任は重くなります。

とはいえ、社員とはインターンで一緒に業務を行なっているため、正社員の業務内容もある程度理解があるはず。

また、既に数ヶ月〜数年働いている職場に就職するため、慣れ親しんだ社員と働ける点は嬉しいポイントです。

即戦力として活躍できる

正社員になってからの業務は、インターンで経験した業務を含んでいて、業務の関連性が高い傾向にあります。

実務経験で身に付けたスキルがあるため、最初は他の新入社員よりレベルの高い仕事を任されやすいのが特徴。

その分成長スピードが早く、会社におけるポジションも上がりやすいと言えます。

あんこもち
あんこもち

就職後は即戦力として大活躍できるかもしれないね。

ハイレベルな企業に入社できる可能性がある

入りたい企業があっても、本選考の倍率の高さから、入社は難しそうだと諦めてしまうことがあるかもしれません。

しかし本選考での内定が難しい企業でも、インターンを通した正社員採用であれば比較的入社しやすいというメリットがあります。

その企業がインターンでの正社員登用を行なっていることが条件ですが、就活における本選考よりも難易度は低く、企業とのミスマッチも防げるため有効な手段でしょう。

さくらもち
さくらもち

インターンをはじめる前に、給料形態や詳しい時給の相場を知っておくことがおすすめ!

長期インターンシップの給料体系って?時給の相場は?税金などの気になる疑問を解決!

インターン生から正社員になるデメリット

メリットや魅力の多いインターンからの正社員採用ですが、そのまま就職することで以下のデメリットが伴いやすい傾向に。

  • 大手企業の内定は難しい
  • キャリアの幅が狭まりやすい
  • 立場の違いにギャップが生じる危険性

仕事内容を経験していても、実際に就職すると「思っていたのと違った」と感じる危険性もあるため、デメリットを理解しておくことが大切です。

大手企業の内定は難しい

インターンでの正社員採用を狙うのであれば、大手企業の内定は難しいと思っておいた方が良いです。

一般に大手企業では、正社員採用に結びつくような長期インターンは実施されません。

インターンは毎年行われるものの、そのほとんどが短期インターンになります。

本選考の優遇はあったとしても、インターンで内定が出ることは稀な傾向にあります。

キャリアの幅が狭まりやすい

インターン先にそのまま就職することで、キャリアの幅が狭くなるという点はデメリットです。

一般に就活を通して様々な業界や業種を知るという方が大半を占めます。

しかし、インターン先へそのまま就職した場合、就活を全く行わないという方も出てくる可能性もあるのです。

長期スパンで見ると、キャリアの幅が狭まってしまう恐れも生じやすいです。

立場の違いによるギャップが生じる危険性

実際に就職してみると、インターン時にはわからなかった『正社員事情』にギャップを感じることがあります。

その例として、『インターンではなかった残業がある』『他の業界・業種の正社員と比べて給与が少ない』といった点が挙げられます。

ギャップを少しでもなくすため、事前にその職場における正社員の働き方や待遇を把握しておくことが大切です。

どんなインターン生が正社員に採用されやすい?

 

以下のような姿勢でインターンに参加する学生は、正社員採用の声がかかりやすいです。

  • 積極的に周りのインターン生や社員とコミュニケーションをとる
  • 受け身の姿勢ではなく、わからない部分は質問したり、業務に関わる分野を勉強するなど、主体性を持って業務に取り組んでいる
  • 与えられた業務をこなすほか、業務改善も積極的に提案する
  • 最低限学業に支障が出ないペースで、インターンにフルコミットしている

このように、インターンへ積極的に取り組む姿勢が見えると「このまま正社員として採用してもミスマッチはない」と安心でき、内定を出してもらいやすくなります。

内定に結びつかなくともインターンには価値がある!

 

正社員採用がないようなインターンであっても、その価値は大いにあります。

具体的に、インターンに参加する意義は以下のようなものが挙げられます。

  • 実務経験を積んでスキルが身につく
  • 社会人としての働き方がイメージできる
  • 業界・企業への理解が深まる

このように、インターンには様々なメリットがあります。

内定に結びつくものでなくとも、就活で有利になるということには間違いありません。

内定の有無のみにこだわるのではなく、自分自身を大きく成長させる機会としてインターンに参加することで、色々な経験ができるはずです。


興味がある分野は積極的に深堀りしていくことが大切だね。
あんこもち
あんこもち

まとめ

正社員採用の有無にかかわらず、企業や業界を理解する上でインターンは有効です。

インターンでの内定を狙う方もそうでない方も、自身の成長につなげるため、全力でインターンに取り組んでみてください。

バイト先に悩んでいる方は

omochiのサイトでは、性格診断をもとにあなたの性格に合ったアルバイト求人をご紹介しています。

診断を受けてみたい方はこちらからどうぞ!